「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」のソフィア・コッポラ監督が「ロスト・イン・トランスレーション」で組んだビル・マーリーと再タッグ。

ソフィアが脚本も担当する新作「暗礁に乗り上げて」On the Rocks に、マーリーと「ホンモノの気持ち」のラシダ・ジョーンズが出演する。この3人は15年のNetflix作品「ビル・マーレイ・クリスマス」でも顔合わせ済み。
不仲になっていた父娘、ラシダ演じる若い女性と、ビル扮する夢想家でプレイボーイの父親が、ニューヨークで一緒に冒険をしながら絆を取り戻していくというストーリー。製作はアップル、A24他。この春、ニューヨークで撮影を開始する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.