ホラー映画の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した『ハロウィン』公開から40年の時を経て、新たな恐怖が解き放たれる。映画『ハロウィン』は2019年4月12日(金)に公開される。(配給:パルコ)

このたび、すべてが謎に満ちた神出鬼没の恐怖の化身・ブギーマンがハロウィンの夜に忍び寄る、戦慄の本予告が解禁。さらに、闇夜にたたずむブギーマンを捉えた新ビジュアルが解禁された。

予告では、40年前のハロウィンの夜に人々を震撼させた殺人事件の犯人、“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズの恐怖が再来する様子が収められている。
また、40年前の事件の唯一の生き残り、ローリー・ストロード(ジェレミー・リー・カーティス)がブギーマンと対峙する様子も切り取られ、2人の運命が再び交錯することに期待が高まる!
さらに、新たに解禁された新ビジュアルには巨大な包丁を手にし、家の前に不気味にたたずむブギーマンの姿とともに、「恐怖が、忍び寄る。」というブギーマンの特徴を端的かつ最大限に表現したコピーが添えられ、より一層の恐怖が掻き立てられる仕上がりとなっている。
ヤツはじっとこちらを見つめている。我々の住む街にもブギーマンがいるかもしれない、そんな錯覚すら起こす恐ろしいビジュアルだ。

画像: 映画『ハロウィン』本予告編 youtu.be

映画『ハロウィン』本予告編

youtu.be

:(C)2018 UNIVERSAL STUDIOShtt

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.