「メリー・ポピンズ リターンズ」のエミリー・ブラントに新作のオファーが来ている模様。

エミリーは実在の精神療法セラピスト、レベッカ・アレキサンダーの15年刊行の回想録を元にした映画「消えないで」Not Fade Away への主演をオファーされている。
アレキサンダーは、遺伝子性の難病アッシャー症候群のため徐々に聴力と視力を失い、18歳でその両方を失ったが、20年間による努力で2つの博士号を取りサイコセラピストになった。
本作の監督は未定。製作にはエミリーの夫の「クワイエット・プレイス」のジョン・クラシンスキー、「ジョイ」のデーヴィッド・O・ラッセルが参加。製作はアナプルナ・ピクチャーズ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.