「第70回NHK紅白歌合戦」の司会者の会見が2019年10月28日行われた。

総合司会には3年連続の内村光良が務める。また本日発表となったのが同じく総合司会の和久田麻由子アナウンサーだ。今回が初の総合司会となる和久田アナは、現在「おはよう日本」のキャスターとして活躍中。紅組司会は4年ぶり3回目となる綾瀬はるか、白組司会は昨年に引き続き2回目の櫻井翔(嵐)が務める。

令和最初の紅白。内村、綾瀬、櫻井が意気込みを語る

内村
令和元年。そして70回という記念の年。さらに「夢を歌おう」というテーマの最後の年。
個人的にも一つの区切りとして、紅白という満ち足りた空間を噛みしめながら終えられたらと思っています。綾瀬さん、櫻井さんと共に紅白すべての歌手の皆さんを全力で盛り上げていきたいと思います。

綾瀬
みなさんにとって良い年越しとなりますように、そして良い年を迎えられますように、
出場アーティストのみなさんと楽しく、あたたかく、元気がわいてくるような紅白歌合戦にしたいと思っています。三度目紅組司会を務めさせていただきますが、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

櫻井
平成最後の、そして、令和最初の紅白歌合戦の白組司会。
時代の大きな節目に、二年連続で大役を仰せつかり、身の引き締まる思いです。
昨年、内村さんの背中を見ながら過ごした紅白は、眩しいほど華やかで、ふと笑顔になってしまうものでした。
周りをパッと明るくする司会をされる綾瀬さんとの三人で、新たな時代の、そして2020年へのファンファーレとなるような番組をお届け出来たらと思います。
心の限り、務めあげたいと思います。

画像: 写真は3人息ぴったりの「NHKなので」ポーズ

写真は3人息ぴったりの「NHKなので」ポーズ

会見中は和気あいあいと笑いも

司会の3人は個別には共演経験もありすでにチームワークはバッチリ。そんな中、綾瀬はるかが内村、櫻井、綾瀬のアルファベットの頭文字をとって、チームUSAと命名。綾瀬節で場を和ませた。

3年連続の総合司会の内村は、「総合司会がこのまま続いてしまうといずれNHKの職員になってしまう」と会場を沸かせた。さらに前回の改善点として内村は「着替え(衣裳替え)が多かったので、着替えを少なくしたいです。生放送中に俺がしばらくいないということで何かあったんじゃないかと本気で両親が心配したという。」エピソードで報道陣を笑わせた。

また、2013年に櫻井ら嵐と綾瀬が紅白司会を務めた際に、しっかりと務めなければという意味で綾瀬が「NHKなので」と掛けていない眼鏡を掛けているかのようにこめかみのフレームを上げるようなしぐさを気に入ってしていたことから、櫻井がそのエピソードを披露すると、撮影時には会見場のカメラマンから「NHKなので」ポーズのリクエストが飛び交い笑いに包まれた。

放送予定

<第70回 NHK紅白歌合戦>
NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1
2019年12月31日(火)19:15~23:45 
※中断ニュースあり

関連記事
第70回紅白歌合戦出場歌手が発表!キスマイ、日向坂46らが初出場

来年1月17日公開 山田涼介主演映画『記憶屋』の場面写真が解禁

This article is a sponsored article by
''.