12月4日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほかで公開されるジェームズ・マカヴォイ主演舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』が、ローレンス・オリヴィエ賞を受賞した。

ジェームズ・マカヴォイ主演舞台がローレンス・オリヴィエ賞受賞!

イギリスで上演された舞台の中から英国ナショナル・シアターが厳選し収録した舞台を日本の映画館で楽しめる“ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)”。その2020年新作第6弾となる『シラノ・ド・ベルジュラック』(TOHOシネマズ 日本橋ほか12/4(金)公開)と『プレゼント・ラフター』(今後の公開予定は未定)が、イギリス・ロンドンで10/25に発表されたローレンス・オリヴィエ賞を受賞した。

★『シラノ・ド・ベルジュラック』 BEST REVIVAL賞 受賞

★『プレゼント・ラフター』主演男優賞(アンドリュー・スコット)、助演女優賞(インディラ・ヴァルマ)受賞

『シラノ・ド・ベルジュラック』は12月4日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほかで公開。ラップが取り入れられた斬新な演出で、今まさに観るべき現代の作品といえる。

17世紀フランスに実在したシラノ・ド・ベルジュラックを主人公にした、エドモン・ロスタン作の戯曲。大きな鼻のコンプレックスに悩みつつ、一人の女性を胸中で恋い慕い続けたシラノの物語は、1897年の初演以来、世界各地で繰り返し上演され、幾度となく映画化・ミュージカル化もされている。そんな名作が今回、マーティン・クリンプによって現代語訳された上演台本と気鋭の演出家ジェイミー・ロイドによるミニマルなステージングによって生まれ変わった。主演は映画「X-MEN」シリーズで知られるジェームズ・マカヴォイ。本年度のローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞・主演男優賞(マカヴォイ)・助演女優賞(ミシェール・オースティン)・音響デザイン賞・演出賞にノミネートされた。

画像: 『シラノ・ド・ベルジュラック』 (C)Marc Brenner

『シラノ・ド・ベルジュラック』 (C)Marc Brenner

『シラノ・ド・ベルジュラック』 原題:Cyrano de Bergerac
上演劇場:プレイハウス・シアター|上映時間:約3時間6分(休憩約20分含む)
作:エドモン・ロスタン 脚色:マーティン・クリンプ 演出:ジェイミー・ロイド 出演:ジェームズ・マカヴォイ

STORY
美しく知的な従姉妹ロクサーヌに恋をした剣豪詩人シラノの物語。大きすぎる鼻ゆえに自らを醜いと思い込む彼は自分の心をロクサーヌに打ち明けることができない。ある日、美男だが雄弁ではない若者クリスチャンがロクサーヌに一目惚れし、友人のシラノに自分とロクサーヌの恋を取り持つようにと頼んできて……

『シラノ・ド・ベルジュラック』公開情報
【上映期間】2020/12/4(金)〜
【公開館】東京:TOHOシネマズ 日本橋、シネ・リーブル池袋、神奈川:TOHOシネマズ 川崎、大阪:大阪ステーションシティシネマ、名古屋:TOHOシネマズ赤池、福岡:中洲大洋劇場
【鑑賞料】一般3000円、学生・障害者割引2500円(学生は学生証の提示が必要になります)

こちらも注目!アンドリュー・スコット主演『プレゼント・ラフター』

画像: 『プレゼント・ラフター』  (C) Manuel Harlan

『プレゼント・ラフター』 (C) Manuel Harlan

『プレゼント・ラフター』原題:Present Laughter 
上演劇場:オールド・ヴィック劇場  上映時間:約2時間55分(休憩約18分含む)
作:ノエル・カワード 演出:マシュー・ウォーチャス 出演:アンドリュー・スコット
概要:スター俳優ギャリー・エッセンダインは海外ツアーへの準備中だ。そこに彼の周囲の個性的な面々が会いに来て、彼の生活はハチャメチャに……

This article is a sponsored article by
''.