2021年1月29日(金)全国公開の綾野剛主演映画『ヤクザと家族 The Family』のポスタービジュアルと30秒予告映像が公開された。また、第3回海南島国際映画祭 新設「ガラ」への招待が決定した。

主演の綾野剛と舘ひろしが初共演する『ヤクザと家族 The Family』。本作のメガホンをとったのは、第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『新聞記者』の藤井道人監督だ。そして『新聞記者』のスタッフ陣も再集結した。

父を覚せい剤で失った過去を持つ広域指定暴力団の3次団体・柴咲組の組員である主人公・山本賢治を演じるのは、綾野剛。柴咲組の組長には綾野剛との初共演となる舘ひろしだ。
本作は、変わりゆく時代の中で排除されていく「ヤクザ」という存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた物語。

第3回海南島国際映画祭 新設「ガラ」への招待決定

中国の海南島にて2020年12月5日より開催される映画祭において新設のガラプレゼンテーションで、『ヤクザと家族 The Family』の上映が決定した。

綾野剛主演作としては、昨年の『影裏』に続き2年連続の選出。

藤井道人監督コメント

台北金馬映画祭に続き、海南島国際映画祭において『ヤクザと家族 The Family』を上映できること、本当に光栄に思っています。 中国の皆さまの心に、本作がどう映るのか今からとても楽しみです。 日本のみならず、アジア、そして世界中の皆さまに本作が届くことを心から祈っています。

30秒予告映像

画像: 映画『ヤクザと家族 The Family』 youtu.be ©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

映画『ヤクザと家族 The Family』

youtu.be
©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

STORY

ヤクザという生き方を選んだ男の3つの時代にわたる壮大なヒューマンストーリー
1999年、父親を覚せい剤で失い、その日暮しの生活を送っている時に、柴咲組組長の危機を救った男・山本賢治(綾野剛)。自暴自棄になっていた自分に手を差し伸べてくれた柴崎博(舘ひろし)に心の救いを得て、二人は父子の契りを結ぶ。
2005年、短気な面もあるが一本気な山本は、ヤクザの世界で男をあげていく。激化する因縁の相手・侠葉会との争い、自分と同じような境遇で育った女性との出会い、大切な家族である仲間を失ってしまうなど、人生を大きく揺り動かす激動の瞬間に愚直なまでに向き合って生きる山本、そして彼は自分の【家族・ファミリー】を守るために、ある決断をするー。
2019年、14年もの年月を犠牲にした山本が出所後目の当たりにしたのは、暴対法の影響でかつての隆盛の影もなく、存続していくのもギリギリな状態に一変していた柴咲組の姿。時代の流れによる大きな変化に戸惑いながらも、愛する家族との生活を望み、新たな人生を歩もうとする山本に、状況を根底から揺るがす事件がー。

映画『ヤクザと家族 The Family』

2021年1月29日(金)全国公開

綾野剛
尾野真千子 北村有起哉 市原隼人 磯村勇斗 菅田俊 康すおん 二ノ宮龍太郎 駿河太郎 岩松了 豊原功補 / 寺島しのぶ
舘ひろし

監督・脚本:藤井道人
音楽:岩代太郎
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
主題歌:「FAMILIA」 millennium parade (ソニー・ミュージックレーベルズ)

©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
配給 スターサンズ/KADOKAWA

This article is a sponsored article by
''.