5月21日公開の吉永小百合主演映画『いのちの停車場』より、予告映像が2本到着した。

都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師であり、作家でもある南杏子による「いのちの停車場」(幻冬舎)が原作となる本作。現在の日本の⻑寿社会における現代医療制度の問題点や、尊厳死・安楽死などの医療制度のタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族が描かれたその感涙の物語を、成島出がメガホンをとっている。

主人公の在宅医療を行う医師役を演じるのは、吉永小百合。共演陣として、松坂桃李、広瀬すず、⻄田敏行をはじめ石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるらキャストが名を連ねる。

「在宅医療」に携わる医者・患者そしてのその家族たちを通して、“いのち”、“愛”、そして“いまを生きていく”、家族たちの願いを丁寧に描く感動の医療物語。

長年、東京の救命救急の現場で働いていたが、とある事件をきっかけに、在宅医療専門医として故郷・金沢の「まほろば診療所」で働き始めることとなった白石咲和子(吉永小百合)は、今までの“いのちを救う”現場とは異なり、患者たちと身体の治療だけではなく、支える家族や患者たちの心と向き合うことの大切さに次第に気づいていく。「まほろば診療所」の院長の仙川徹(西田敏行)、看護師の星野麻世(広瀬すず)、咲和子を慕って東京からやって来た医大卒業生の野呂聖二(松坂桃李)たちに支えながら、いつしか咲和子自身も「いのちの在り方」「生きるという意味」について考えていく。

この度2種の予告映像が解禁となった。
1本は〜最期の一瞬までいまを生きる〜医師たちのあたたかな思いと覚悟、そして患者と家族たちの“最期の希望”を描き出す涙と希望があふれる感動の予告映像だ。
もう1本は松坂桃李演じる野呂と、広瀬すず演じる麻世にスポットをあてた心温まる予告映像。

予告映像(2本)

画像: 映画『いのちの停車場』予告映像(5月21日公開) youtu.be

映画『いのちの停車場』予告映像(5月21日公開)

youtu.be

特別版予告映像

画像: 映画『いのちの停車場』特別バージョン予告映像(5月21日公開) youtu.be

映画『いのちの停車場』特別バージョン予告映像(5月21日公開)

youtu.be

STORY

都内の救命救急センターで働いていた主人公・白石咲和子(吉永小百合)は、ある事件をきっかけに故郷の金沢へ戻り、在宅専門医として「まほろば診療所」で働き始める。院長の仙川徹(西田敏行)、亡くなった姉の子・翼を育てながら働く看護師の星野麻世(広瀬すず)、東京から咲和子を追いかけてやってきた医大卒業生の野呂聖二(松坂桃李)も加わり、いつしか「まほろば」は咲和子にとってかけがえのない家族のような存在に。穏やかな時間を過ごすため、自分らしく生きるため、様々な理由から在宅医療を選択した患者やその家族と向き合ううち、咲和子は“命の終わり”に心地よく寄り添う医療とは何か、深く考えるようになる。

映画『いのちの停車場』

5月21日 (金)全国公開

出演:吉永小百合
松坂桃李 広瀬すず
南野陽子 柳葉敏郎 小池栄子 みなみらんぼう 泉谷しげる
石田ゆり子 田中泯 西田敏行
監督:成島出  
脚本:平松恵美子  
原作:南杏子「いのちの停車場」(幻冬舎)
推薦:日本在宅医療連合学会 全国在宅支援医協会  
後援:日本在宅ケアアライアンス
©2021「いのちの停車場」製作委員会  
映画公式サイト:www.teisha-ba.jp
映画公式Twitter&インスタグラム:@Teishaba_movie #いのちの停車場

This article is a sponsored article by
''.