5月13日公開となる広瀬すずと松坂桃李がW主演を務める映画『流浪の月』。公開を前にメガホンをとった李相日監督作品を紹介する。

凪良ゆうによる「流浪の月」(東京創元社刊)は、2020年の本屋大賞を受賞し、同年の年間ベ ストセラー1 位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた傑作小説。主演に広瀬すず松坂桃李を迎えその原作を実写映画化し、5月13日に公開となる。
さらに、第23回全州(チョンジュ)国際映画祭※(韓国)「ワールドシネマ」部門へ出品され、公開を前に話題となっている。
※第23回全州(チョンジュ)国際映画際
(開催期間:2022年4月28日~5月7日)

10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗 (かない さらさ)を広瀬すずが、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生・佐伯文(さえき ふみ) を松坂桃李が演じる。

画像1: 《GWオススメ》広瀬すず×松坂桃李W主演、李相日監督6年ぶりの新作長編映画『流浪の月』公開前に、李相日作品をプレイバック
画像2: 《GWオススメ》広瀬すず×松坂桃李W主演、李相日監督6年ぶりの新作長編映画『流浪の月』公開前に、李相日作品をプレイバック

家内更紗(広瀬すず)の婚約者・中瀬亮を横浜流星が、そして癒えない心の傷を抱える佐伯文(松坂桃李)に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じる。加えて、趣里、三浦貴大、白鳥玉季(子役)、増田光桜 (子役)、内田也哉子、柄本明らが顔を揃えた。

画像3: 《GWオススメ》広瀬すず×松坂桃李W主演、李相日監督6年ぶりの新作長編映画『流浪の月』公開前に、李相日作品をプレイバック
画像4: 《GWオススメ》広瀬すず×松坂桃李W主演、李相日監督6年ぶりの新作長編映画『流浪の月』公開前に、李相日作品をプレイバック

恋愛、友情、家族愛......そんな既存の言葉ではくくれない、限りなく稀有な2人の関係性を描き出すのは、『悪人』『怒り』などで知られる李相日(リ・サンイル)監督
また、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング 劇場版』『哭声/コクソン』『母なる証明』など、韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督・ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『フラガール』『悪人』『三度目の殺人』など、世界を股にかけて活躍する美術・種田陽平ら、国境を越えた才能が集結した。

本屋大賞受賞作の映画化から日本中にブームを巻き起こした話題作まで
俳優たちの魅力を引き出す李相日監督作

来る5月13日に6年ぶりの新作長編映画『流浪の月』が公開となる李相日監督。底知れぬ洞察力、そして妥協を許さない演出で、一貫して“人間”という複雑な存在を見つめ続ける作風は、いつ見ても全く古さを感じさせない唯一無二の完成度を誇り、その決して妥協を許さずに高みを目指す現場には、錚々たる俳優たちが出演を願うという。本記事では新作を発表する度に映画ファンから熱烈な支持を受ける李監督の決して多くはない監督作から、ゴールデンウィークに各配信プラットフォームでも予習可能な必ず押さえておきたい4本を紹介する。

▼『流浪の月』(5/13公開)
元誘拐犯と、その被害女児。許されない二人の絆の行方は…

画像1: ▼『流浪の月』(5/13公開) 元誘拐犯と、その被害女児。許されない二人の絆の行方は…
画像2: ▼『流浪の月』(5/13公開) 元誘拐犯と、その被害女児。許されない二人の絆の行方は…
画像3: ▼『流浪の月』(5/13公開) 元誘拐犯と、その被害女児。許されない二人の絆の行方は…

人間の内面を極限まで掘り下げて洞察し、観る者に濃密な映画体験を提供し続けてきた李の6年ぶりの新作は、2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうのベストセラー小説の映画化、『流浪の月』(5/13公開)。広瀬すず、松坂桃李という国民的俳優ふたりを主演に迎えた本作は、10歳の時に誘拐事件の“被害女児”となった少女・更紗とその事件の“加害者”とされた青年・文、ふたりが15年後に偶然再会したことで再び紡がれる愛よりも切ない絆を描く。本作では『パラサイト 半地下の家族』『母なる証明』のポン・ジュノ監督や、『バーニング 劇場版』のイ・チャンドン監督の作品に不可欠な、韓国の誇る世界的撮影監督ホン・ギョンピョの圧倒的な映像美にも期待が高まる!

▼『怒り』(16)
愛した人は殺人犯なのか?「信じること」を試される3つの群像劇。

残忍な夫婦殺害事件から一年後、房総・東京・沖縄の3地点に犯人の特徴を備えた身元不明の男性が現れた。彼らは徐々に周囲の人々に受け入れられていくが、警察が犯人のモンタージュ写真を公開したことからそれぞれの人間関係に揺らぎが生じはじめる…。
劇中で胸の張り裂けるような体験をすることになる沖縄の少女・泉役をオーディションで勝ち取った広瀬すずは、本作で第40回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞し、“演技派”のイメージを決定づけた。また次第に心を通わせていく同性カップルを演じるために劇中同様クランクイン前に2週間の共同生活を送った妻夫木聡と綾野剛や等身大の少女を大幅に体重を増やして演じた宮﨑あおいなど、俳優陣の役作りへの挑戦には妥協を許さない李の姿勢が窺い知れる。
★Netflix、Amazon Prime Video、U-NEXTほか配信中!

▼『悪人』(10)
人を殺した男と彼を愛した女。本当の”悪人”は誰なのか、観る者に問いかける…

主演・妻夫木聡が映像化を熱望して自ら映画会社に企画を持ち込み、李が芥川賞作家でもある
吉田修一と運命的に出会った一作。閉鎖的な地方都市を舞台に、出会い系サイトで知り合った女性を殺害してしまった青年が、その後同じサイトで知り合った別の女性と罪の意識に苛まれながら逃避行する姿を描く。
深津絵里が第34回モントリオール世界映画祭ワールド・コンベンション部門で最優秀女優賞を受賞したことでも話題になった。妻夫木演じる主人公の母親を演じた故・樹木希林は、舞台挨拶で李の演出について「粘り強くしなやかな若手監督が出てきたことが嬉しかったし、その演出で皆が変わっていくさまを見ているのは幸せだった」と絶賛。李の最新作『流浪の月』には樹木の娘・内田也哉子の出演がアナウンスされており、二代に渡る不思議な縁にも注目が集まる。
★Netflix、Amazon Prime Video、U-NEXTほか配信中!

▼『フラガール』(06)
炭鉱娘たちのパワフルなフラダンスが日本中でブームに!

閉山が続く炭鉱町の娘たちがフラダンスで町興しに挑んだ実話を映画化。ミニシアター規模の公開から口コミで広がり、大ヒットを記録した李の代表作で、李の名前を世界に知らしめるきっかけとなった作品。あえてダンス経験のない俳優たちをキャスティングし、何カ月も厳しいレッスンを課した末に生まれたダンスシーンは、映画という枠を飛び超えて日本中に“フラガール・ブーム”を巻き起こし、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、国内の賞レースを総ナメにした。
★Netflix、Amazon Prime Video、dTVほか配信中!

入れ替わりの激しい日本映画界で自身のペースを保ちながら、衝撃の映画体験を提供し続ける孤高の存在、李相日。世界の片隅でひたむきに生きるふたりの姿を描いた本作がふたたび、息が止まるほどの衝撃と感動であなたを包む。

画像5: 《GWオススメ》広瀬すず×松坂桃李W主演、李相日監督6年ぶりの新作長編映画『流浪の月』公開前に、李相日作品をプレイバック

映画『流浪の月』

5月13日(金)全国ロードショー

原作:凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社刊)
出演:
広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子 / 趣里 三浦貴大 白鳥玉季 増田光桜 内田也哉子 / 柄本明
監督・脚本:李相日
撮影監督:ホン・ギョンピョ
製作総指揮:宇野康秀
製作幹事:UNO-FILMS(製作第一弾)
共同製作:ギャガ、UNITED PRODUCTIONS
配給:ギャガ
(c)2022「流浪の月」製作委員会

画像: 映画『流浪の月』本予告映像(5月13日公開) youtu.be

映画『流浪の月』本予告映像(5月13日公開)

youtu.be

STORY
雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。“傷物にされた被害女児”とそ の“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。しかし、更紗のそばには婚約者の亮がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性・谷が寄り添っていて...

This article is a sponsored article by
''.