実体験をベースに描いた漫画家・押見修造の人気コミック「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(太田出版)が映画化され、2018年7月より全国順次公開されることが決定した。15歳の実力派若手女優・南沙良&蒔田彩珠がダブル主演を務める。
画像: 原作『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』 ©押見修造/太田出版

原作『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』 ©押見修造/太田出版

世代を超えて胸に響く新たな青春映画の誕生

ファンの多い押見作品の中でも、ひと際人気が高い同作の待望の映画化。上手く言葉が話せないことに引け目を感じ、周囲と馴染めずにいる高校一年生の志乃。音楽好きだが音痴な同級生・加代。二人は、ひょんなことから仲良くなり交流を深めていくが…。思春期を迎えた少年少女たちが抱える葛藤や苦悩を描きながら、誰しもが持っているコンプレックスとの向き合い方や、自分のあるべき姿について考えさせられる、世代を超えて胸に響く新たな青春映画だ。

大島志乃を演じるのは、驚異的な演技力で注目を集める期待の新星、 南沙良。第18回 nicolaモデルオーディションのグランプリを受賞。雑誌「nicola」専属モデルとして活躍。女優としてはデビュー作『幼な子われらに生まれ』(2017/三島有紀子監督)に出演し、主人公・信(浅野忠信)の再婚相手の連れ子という複雑な役どころを演じ切り、注目を集める。また、行定勲が監督を務めた伝説的ロックバンド・レベッカ17年ぶりの新曲「恋に堕ちたら」のMVに主演、透明感あふれる存在が話題となった。本作では言葉がうまく話せないという難役に体当たりで挑むと同時に、次第に変化していく内面を繊細に表現。さらに劇中では、澄み切った歌声も披露している。

画像: 南沙良

南沙良

志乃の友人・岡崎加代を演じるのは、映画・TV多方面で活躍する実力派女優、蒔田彩珠。是枝裕和監督が手掛けた TVドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(2012)に出演すると、その実力が評価され同監督作品に数多く出演。『三度目の殺人』(2017)では主人公・重盛(福山雅治)の娘役を演じ、印象的な演技をみせたのも記憶に新しい。その他「重版出来!」(2016/TBS)、「みをつくし料理帖」(2017/NHK)、CM「積水ハウス」、「大塚製薬 カロリーメイト」、「日清フーズ マ・マー」等話題作への出演が続く。本作では周囲に流されない強い意志と優しさを持ち合わせた加代を熱演。またクランクイン前に猛特訓して撮影時に挑んだ、本人によるギター演奏も見どころとなっている。

画像: 蒔田彩珠

蒔田彩珠

志乃ちゃんは自分の名前が言えない
2018年7月、新宿武蔵野館他全国順次公開
配給:ビターズ・エンド
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.