1993年から毎年日本で行なわれているフランス映画祭。このたび"フランス映画祭2018"が横浜で開催されることが決定した。期間は 2018年6月21日(木)~6月24日(日)の全4日間。横浜での開催は2005(平成17)年以来、13年ぶりとなる。
※写真は2017年オープニング作品『ルージュの手紙』

フランスを代表する豪華俳優や監督たちが来日する予定

開催期間中は、日本未公開のフランス映画最新作が上映されるほか、フランス映画祭アーティスト団として、フランスを代表する豪華俳優や監督たちが来日する予定。来日俳優や上映作品については4月以降に発表される。

みなとみらい地区中心に開催され、6/21には横浜みなとみらいホールでオープニングセレモニーと上映、6/22~24にはイオンシネマみなとみらい(予定)で通常上映が行なわれる。 日仏交流160 周年となる本年、横浜市とフランスの友好関係をさらに深めるメインコンテンツとして、街にあらたな賑わいをもたらす。

フランス映画祭 2018
2018年6月21日(木)~6月24日(日)全4日間 みなとみらい地区中心に開催
主催:ユニフランス

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.