『2001年宇宙の旅』『スター・トレック』誕生前に共産主義下のチェコでつくられた初の本格的SF映画『イカリエ-XB1』が5月19日(土)より公開決定。メインビジュアルも併せて解禁された。今回の上映素材は、2016年に4K修復され、同年カンヌ国際映画祭カンヌ・クラシック部門で脚光を浴びたデジタル・リマスター版で、日本では劇場初公開となる。
画像: 『2001年宇宙の旅』『スター・トレック』誕生前に生まれた奇蹟のSF映画『イカリエ-XB1』公開決定

『2001年宇宙の旅』にも影響を与えたという逸話を持つ

本作は、共産主義下のチェコでつくられた初の本格的SF映画にして、その後のSF作品に多大な影響を与えた先駆的作品。物語の舞台は22世紀後半。生命探査の旅に出た宇宙船イカリエ- XB1は、アルファ・ケンタウリ系へと向かう途上で、漂流中の朽ちた宇宙船を発見する。それはかつて地球から旅立った宇宙船だったが、船内にあるのは謎の死を遂げた乗組員たちの死体。この難破船に積まれた核兵器の爆発により調査員たち数名を失うという悲劇の後、変わらず旅を続けるイカリエ-XB1。だが謎のダークスターによって乗組員たちはみな眠りについてしまい……。

密室の中で徐々に狂気に汚染されていく乗組員たちのサスペンスフルな人間ドラマと、近未来のユートピア的世界を描く独創的なスタイル。そのオリジナリティ溢れる世界観は、『2001年宇宙の旅』(スタンリー・キューブリック、1968)にもインスピレーションを与えたという逸話を持つ。

また本作が製作された1963年は、ミロシュ・フォルマン(『火事だよ!カワイ子ちゃん』)、イジー・メンツル(『厳重に監視された列車』)らに代表される《チェコ・ヌーヴェルヴァーグ》が本格的に幕を開けた年。本作にも、その重要人物たちが多数参加している。スタニスワフ・レムの小説『マゼラン星雲』にインスピレーションを受けて脚本を執筆したのは、『ひなぎく』(66)の脚本に協力したパヴェル・ユラーチェク。本作は、SF映画という独特の位置にありながらも、チェコ・ヌーヴェルヴァーグの潮流をたしかに感じさせる作品でもある。

イカリエ-XB1 デジタル・リマスター版
2018年5月19日(土)より新宿シネマカリテほか 全国順次公開
配給:コピアポア・フィルム
©National Film Archive

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.