サンダンス映画祭史上かつてない激しい争奪戦を生み、『シング・ストリート』ニュージャージー版、『8 Mile』女性版、『バーレスク』ヒップホップ版とも称された感動の青春サクセスストーリー『パティ・ケイク$』が4月27日(金)より公開。このたび予告編が解禁された。
画像: 女性版『8 Mile』誕生!  世界が熱狂した『パティ・ケイク$』⽇本版予告編が完成

オリジナル楽曲で魂をノックアウトする、最高に“ドープ”な音楽映画

物語の主人公は、掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌⼿だった⺟と、⾞椅⼦の祖⺟と3⼈暮らしのパティ。⾦ナシ、職ナシ、その⾒た⽬からダンボ!と嘲笑されるパティにとって、唯一自分を解放できるのがラップだった。新たな音楽仲間も見つけ、現状から脱却・前進しようともがくパティ。心情を歌詞に込めて吐露するだけでなく、クールなライムで因縁の相手を打ち負かし、祖母と親友の前でしか発しなかったその歌声を、大勢の前で披露する機会がやってくる…! リリックに込めた心の叫びが魂の歌声に載ったとき、パティの秘められた力がスパークする!

主人公パティを演じるのは、オーストラリア人女優、ダニエル・マクドナルド。本作でハリウッドデビューを果たし、次回作のオファーも次々と舞い込んでいる。今期の賞レースを沸かせている話題作『レディ・バード』にも出演する、注目の若手だ。また、呑んだくれの母親に『エイミー、エイミー、 エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』のコメディエンヌ、ブリジット・エヴァレット。そして『レイジング・ブル』でオスカーノミネート経験のある超絶美人女優キャシー・モリアーティが驚異の大変身でパティの将来を信じる車椅子の祖母ナナを貫禄も愛嬌も外連味もたっぷりに演じている。そのほか、パティのラップ仲間に本作で大抜擢されたインド系ユーチューバー:シッダルタ・ダナンジェイと、Netflixの大人気ドラマ「ゲット・ダウン」にグランドマスター・フラッシュ役で出演したママドゥ・アティエなど、ベテラン女優に囲まれた瑞々しい若手の演技が弾ける。

解禁された予告編では、人生のどん底にいるパティがラップ・バトルと出会い、もがき苦しみながらスターになる夢に挑戦していく姿が映し出されていく。ラップで成功を収めようとする⻘春物語の陰には、主⼈公の置かれた逃れられない状況―家族への愛憎や貧困や差別―も⾒え隠れし、単なる若者のサクセスストーリーという枠を超えたカタルシスを⽣みだす。2002年『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ、2015年『ストレイト・アウタ・コンプトン』そして2018年、『パティ・ケイク$』。場末のバーから、荒んだストリートから、オリジナル楽曲で魂をノックアウトする、最高に“ドープ”な音楽映画の誕生だ。

画像: 『パティ・ケイク$』日本版予告編 youtu.be

『パティ・ケイク$』日本版予告編

youtu.be

パティ・ケイク$
4月27日(金)より、HTC渋谷ほか全国ロードショー
配給:カルチャヴィル、GEM Partners
© 2017 Twentieth Century Fox

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.