アスガルドの雷神ソーの活躍を描くシリーズの3作目で、最凶の死の女神ヘラと激突する「マイティ・ソー バトルロイヤル」が見逃せない特典映像と共にリリースされます。この作品は「ブラックパンサー」と共に『インフィニティ・ウォー』を見る前に必見です!

あらすじをチェックしたい方はこちらから

特典映像に見る製作の裏側と『インフィニティ・ウォー』への道

今回リリースされるMovieNEXにはボーナス・コンテンツがたっぷり詰まっている。詳しい内容をご紹介していこう。

画像: 演出中のタイカ・ワイティティ監督

演出中のタイカ・ワイティティ監督

「製作の舞台裏」について

「クリス・ヘムズワースの魅力」では本人へのインタビューに加え、スタッフや共演者たちのコメントなどでクリスの人柄、演じ方、魅力に迫っていく。「ヘラとヴァルキリー」は今回共に初登場となる二人の“強い女”をクローズアップ、それぞれを演じるケートとテッサのコメントも含めキャラクターを解剖してくれる。

画像: ソーと共にアスガルドに帰還したヴァルキリー

ソーと共にアスガルドに帰還したヴァルキリー

「監督そしてコーグ」では、監督を務めると共に惑星サカールで支配者グランドマスターに対し革命を起こそうとして投獄された岩石男コーグを演じたタイカ・ワイティティーにスポットを当て、演出技法や人間性、俳優としての魅力にも迫る。ちなみにタイカ監督、かつて「グリーン・ランタン」に出演していた。「“惑星サカール” って?」はソーとロキがヘラによって飛ばされた辺境惑星サカールがいかにしてセットを作り上げられたかの解説。「コミックと映画の世界」はマーベル・コミックの原作がどのように映画として製作されていくかを分かりやすく説明してくれる。

画像: 左が監督が演じたコーグ

左が監督が演じたコーグ

まだまだあるぞ

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のMovieNEXワールドと「ドクター・ストレンジ」の特典映像に入っていた短編映像“チーム・ソー”の第3弾「“チーム・ソー”のその後…」や、未公開シーン、NGシーンも楽しめる。

そして気になる今後の展開

「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へ継ぐストーリー」は、2008年の「アイアンマン」から始まったマーベル映画作品を追いながら、公開間近の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』への流れを、『インフィニティ・ウォー』本編の映像を挟みながら解説していく。

これまでのマーベル映画にも『インフィニティ・ウォー』へ至る伏線は張り巡らされていたが、それがどのように縒り合わされて『インフィニティ・ウォー』になるのか、それを解き明かすためにも必見の特典映像だ。

画像: 「マイティ・ソー バトルロイヤル」MovieNEX ウォルト・ディズニー・ジャパン/ 3月7日発売、4000円+税(2枚組)、4K UHD MovieNEXプレミアムBOXは15000円+ 税(3枚組)、4KUHD MovieNEXは7800円+税(3枚組)で同時発売、デジタル配信は2月21日開始

「マイティ・ソー バトルロイヤル」MovieNEX

ウォルト・ディズニー・ジャパン/ 3月7日発売、4000円+税(2枚組)、4K UHD MovieNEXプレミアムBOXは15000円+ 税(3枚組)、4KUHD MovieNEXは7800円+税(3枚組)で同時発売、デジタル配信は2月21日開始

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.