ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、マディ・ウォーターズら錚々たる顔ぶれが参加した伝説のライブが、今甦る! 「ザ・バンド」のラスト・コンサートを名匠マーティン・スコセッシが監督した究極のライブ・ドキュメンタリー『ラスト・ワルツ』。その公開40周年を記念して、大音響リマスター版の公開が決定した。
画像: 伝説的なライブが40年の時を経て甦る! 大音響リマスター版『ラスト・ワルツ』公開決定

音楽史に大きな足跡を残す偉大なミュージシャンが一堂に集結

当時、新進気鋭の監督だったマーティン・スコセッシが、実力派のロック・バンド、ザ・バンドの解散ライブのステージ演出を行ない、その熱狂と興奮を記録した画期的なライブ映画『ラスト・ワルツ』。素晴らしい演奏と美しい映像が話題を呼び、今も多くの人々に愛されるロック映画の金字塔だ。

伝説のライブ会場となったのはサンフランシスコのウィンターランド。76年11月25日、ザ・バンドと親交のあった音楽界の大物が次々にゲストとして登場。ザ・バンドがバックバンドをつとめたこともある大物ボブ・ディランをはじめ、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、ドクター・ジョン、マディ・ウォーターズ等、音楽史に大きな足跡を残した偉大なミュージシャンたちが現れ、ザ・バンドと共演。まさに一夜限りの贅沢で華麗なロック・フェスティバルとなった。

今年は公開から40年という節目の年。初めてデジタル・リマスターの鮮やかな映像でよみがえり、パワフルな大音量による公開となる。時代を超えて語り継がれる“永遠の傑作”を、最高のビジュアル&サウンドで存分に味わうことができそうだ。

ラスト・ワルツ
4/14(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
配給:ブロードウェイ/アダンソニア
©2018 Metro-Goldwyn-Meyer Studios Inc. All Rights reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.