昨年の第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された、名匠ホン・サンス監督最新作「The Day After」(原題)が、邦題『それから』として、初夏より全国順次公開されることが決定。ホン・サンスの新ミューズ、キム・ミニ(『お嬢さん』)主演による話題作だ。あわせて日本版ビジュアルも解禁された。
画像: 今、世界一センセーショナルな監督と女優!名匠ホン・サンス×キム・ミニが紡ぐ『それから』邦題&公開決定

男と⼥の可笑しみを俯瞰の視点で描きだす

カンヌ、ヴェネチア、ベルリンのほか世界の国際映画祭で絶賛されてきた名匠ホン・サンス。第70回カンヌ国際映画祭、『それから』の公式記者会⾒で「僕にたくさんのインスピレーションをくれる⼈」と主演⼥優キム・ミニに最⾼の賛辞を贈り、世界中から監督と⼥優の幸せな関係に改めて熱い視線が注がれた。

『それから』は、⼩さな出版社に勤めることになったアルム(キム・ミニ)が、社⻑とその妻と愛⼈との間で起こるおもわぬ騒動に巻きこまれるドラマ。ホン・サンス監督が、家に帰りたくない男の⽣活を観察したことから⽣まれた本作は、男と⼥の可笑しみを俯瞰の視点で描きだす。その突き抜けたユーモアは、圧倒されるほどの美しいモノクロームの世界で冴え渡る。

このたび解禁されたポスターは、同じテーブルにつきながらまるで違う方向を向いた男女の姿と『人生はままならぬ』というコピーが印象的。ヨーロッパが絶賛してきた恋愛映画の名手は、新ミューズを得て⼈間ドラマの名手へ。新たなスケージに突入した監督の成熟を感じさせる作品だ。

それから
2018年 初夏 ヒューマントラストシネマ有楽町、 ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、全国順次ロードショー
配給:クレストインターナショナル

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.