『トガニ 幼き瞳の告発』『怪しい彼女』の俊英ファン・ドンヒョクが監督を務め、イ・ビョンホンとキム・ユンソクをW主演に迎えた歴史大作『南漢山城』(原題)が邦題『天命の城』として 6 月 22 日(金)より公開決定。本作の映画音楽を手掛けた坂本龍一からのコメントも到着した。

朝鮮王朝の存亡を賭けた男たちの熱き 47 日間の闘いを描く

本作が描くのは、極寒の地で繰り広げられる朝鮮王朝の存亡を賭けた男たちの熱き 47 日間の闘い。舞台は 1636 年、明が衰退したことにより清が朝鮮にも進出を始めた丙子の役。江華島に逃げようとした朝鮮国王・仁祖だったが、既に清の大軍が攻めてきており、漢陽の南に位置する南漢山城へ逃げ込むのが精一杯の状況であった。立てこもった仁祖と朝廷は敵軍に完全に包囲され、朝鮮の未来を見据える大臣たちの意見は激しく対立する。僅かな兵力と食料しかない孤立無援の状況となった彼らの一国の存亡をかけた 47 日間の闘いが始まる!

主演には王と民が生き延びることを第一に考え、清との和平交渉を主張する吏曹大臣チェ・ミョンギル役にハリウッドでも活躍するトップスター、イ・ビョンホン。そしてもう一人、大儀と名誉を重んじ最後まで戦うことを主張する礼曹大臣キム・サンホン役に、『チェイサー』『哀しき獣』のキム・ユンソクを迎えた。2 人の大臣の対立の中で決断を迫られる朝鮮国王・仁祖にはパク・ヘイル、山城の鍛冶屋役にコ・スと、韓国映画界を代表する俳優陣の豪華共演となっている。

本作の映画音楽を手掛けた坂本龍一からコメントが到着

画像: Photo by zakkubalan(C)2016 Kab Inc.

Photo by zakkubalan(C)2016 Kab Inc.

本作の音楽を手掛けたのはアカデミー賞3冠『レヴェナント:蘇りし者』、李相日監督作『怒り』の映画音楽を手掛け、常に革新的なサウンドを追求する日本が誇る世界的巨匠、坂本龍一。現代的なシンフォニーに韓国の伝統音楽を取り入れた斬新なスコアを完成させ、映画の普遍的な感動と迫力を重厚なサウンドで盛り上げる。韓国映画への参加はこれが初めてとなった。

坂本龍一 コメント

「長く韓国映画の音楽をやれたらと思っていました。アジアの映画にはみな興味がありますが、特に韓国の映画は力強いと感じます。『天命の城』はイ・ビョンホンさんが出ていますので、すぐに OK の返事をしました。ファン監督はぼくの想像よりもモダンな音楽を求めていましたので、ぼくもすぐに方針を変えて、かなり斬新な方向に音楽をもっていきました。監督はかなり自由にやらせてくれたので、とてもやりやすかったです」

天命の城
6 月 22 日(金)より TOHO シネマズ シャンテほかにて全国ロードショー
配給:ツイン
ⓒ 2017 CJ E&M CORPORATION and SIREN PICTURESALL RIGHTS RESERVED

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.