米ロサンジェルス2018年3月4日(日本時間3月5日)、第90回となるアカデミー賞授賞式が行なわれ、13部門で候補となっていたギレルモ・デル・トロー監督の「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞、監督賞など4部門で受賞し、この日の最多受賞となった。

この日、女優たちのブラックドレス統一はなし

画像: 作品賞に輝いた「シェイプ・オブ・ウォーター」チーム Getty Images

作品賞に輝いた「シェイプ・オブ・ウォーター」チーム Getty Images

前哨戦ゴールデングローブ賞ではハリウッド・セクハラ問題などに抗議する女優たちが一様にブラックドレスで来場し、話題となったが、この日はいつもどおりカラフルなドレスの女優たちがレッドカーペットを歩いた。しかし胸にはTime’s Upのバッジが刺されており、やはりまだこのムーブメントが終わっていないことを示した。
主な受賞結果は以下の通り。
作品賞「シェイプ・オブ・ウォーター」
監督賞 ギレルモ・デル・トロー(「シェイプ・オブ・ウォーター」)
主演男優賞 ゲーリー・オールドマン(「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」)
主演女優賞 フランシス・マクドーマンド(「スリー・ビルボード」)
助演男優賞 サム・ロックウェル(「スリー・ビルボード」)
助演女優賞 アリソン・ジャネー(「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」)
脚本賞 「ゲット・アウト」
脚色賞 「君の名前で僕を呼んで」

画像: 主演男優賞のゲーリー・オールドマン Getty Images

主演男優賞のゲーリー・オールドマン Getty Images

撮影賞 「ブレードランナー2049」
長編アニメーション賞 「リメンバー・ミー」
外国語映画賞 「ナチュラル・ウーマン」
編集賞「ダンケルク」
美術賞「シェイプ・オブ・ウォーター」
衣装デザイン賞「ファントム・スレッド」
メイク・ヘアスタイリング賞「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
作曲賞「シェイプ・オブ・ウォーター」
歌曲賞「リメンバー・ミー」
録音賞「ダンケルク」
音響編集賞「ダンケルク」
視覚効果賞「ブレードランナー2049」
「ブレードランナー2049」の撮影監督ロジャー・ディーキンズは14回目のノミネートで念願の初受賞。「ウィンストン・チャーチル」のメイク・ヘアスタイリング賞で日本人アーチスト辻一弘が初受賞を果たした。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.