「翠星のガルガンティア」「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」の村田和也監督と、「交響詩篇エウレカセブン」「僕のヒーローアカデミア」のボンズ制作のタッグで贈るバイオSFアクション「A.I.C.O. Incarnation」がNetflixオリジナル作品として3月9日より全世界独占配信スタート
画像1: Netflixオリジナルアニメ「A.I.C.O. Incarnation」
近未来感あふれる武器&メカニック設定画解禁!
画像2: Netflixオリジナルアニメ「A.I.C.O. Incarnation」
近未来感あふれる武器&メカニック設定画解禁!

本作はバイオSFアクションというフィクションでありながら、将来的に実現が想像されるような科学技術がふんだんに盛り込まれているのも見どころの一つ。アイコを守る“ダイバー”たちが使う武器である「高出力レールガン」や「コイルガン」、彼らが搭乗する「バイポッド(二脚移動車)」や「ビートル(六脚移動車)」といった近未来感あふれるメカの設定画が解禁に。

画像3: Netflixオリジナルアニメ「A.I.C.O. Incarnation」
近未来感あふれる武器&メカニック設定画解禁!
画像4: Netflixオリジナルアニメ「A.I.C.O. Incarnation」
近未来感あふれる武器&メカニック設定画解禁!

また、村田和也監督&メインメカニックデザイン高倉武史からコメントが到着!
<監督:村田和也コメント>
◆作品の見どころについて
大規模生物災害という状況に対して、解決する糸口になる存在が普通の女子高生であるというそのコントラスト。
特別な知識を何も持たず事態について何も知らない女の子の目線で、様々な事実が徐々に明らかになっていくスリリングさ。
そういったものが視聴者の方を引き込む面白さに繋がるのではないかと思いました。
生命工学の技術が今よりも格段に進歩した時、実際に起こるかも知れない出来事として、
視聴者の方に生々しい体験として感じ取っていただけたらなと思っています。

画像5: Netflixオリジナルアニメ「A.I.C.O. Incarnation」
近未来感あふれる武器&メカニック設定画解禁!

<メカニックデザイン:高倉武史コメント>
◆村田監督からのオーダーについて
監督からはこんな感じのメカが欲しい、こういう風に見せたいというイメージがビジュアルとして強くあり、それをベースに肉付けし形にしていくという作業でした。いわゆる一番濃い時代の「ガンダム」とか、そういったオーダーです。こだわったのは仕様や大きさ、形、材質、あとはその時代においてどういう風にメカが生産されているかというところです。その時代のテクノロジーはどのくらいのもので、それをもとにどう設計されているというのを意識しながら形にしていきました。

画像6: Netflixオリジナルアニメ「A.I.C.O. Incarnation」
近未来感あふれる武器&メカニック設定画解禁!

Netflixオリジナルアニメ「A.I.C.O. Incarnation」
3月9日(金)、Netflixにて全世界独占配信
エピソード:全12話

<スタッフ>
原作:BONES/監督:村田和也/シリーズ構成:野村祐一/
キャラクター原案:鳴子ハナハル/キャラクターデザイン・総作画監督:石野 聡/
コンセプトデザイン:岡田有章/メインメカニックデザイン:高倉武史/
マターデザイン:三輪和宏/美術監督:東 潤一/色彩設計:岩沢れい子/
CGIディレクター:太田光希/撮影監督:福田 光/編集:坂本久美子/音楽:岩代太郎/
サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement/音楽制作:ランティス/
オープニング主題歌:TRUE/エンディング主題歌:白石晴香/
音響監督:明田川仁/音響効果:古谷友二/アニメーション制作:ボンズ

©BONES/Project A.I.C.O.
★公式サイト http://www.project-aico.com
★公式Twitter @Project_AICO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.