2018年4月13日(金)に日本公開となる話題のアクション大作『パシフィック・リム:アップライジング』。この度、バトルスーツをまとった新田真剣佑がイェーガーの操縦席に乗り込む姿がついにお披露目され、KAIJUとの死闘へいよいよ出陣する場面が収められた本予告が完成した。
画像: 新たなイェーガー軍団

新たなイェーガー軍団

日本から新たに参戦を果たす新田真剣佑

このほど完成した本予告では、獰猛なうえ複数で群れを成すKAIJUやイェーガーが見上げなければならないほど何倍も巨大なKAIJUが東京の街を蹂躙していく場面の連続のなか、ジョン・ボイエガ演じる主人公ジェイクの激しいゲキに応え、日本から新たに参戦を果たす新田真剣佑演じるリョウイチがバトルスーツに身を包みイェーガーの操縦席に乗り込んだ姿が収められており、人類の存亡を懸け、東京を、地球を守るための戦いで果たしてどんな活躍を見せてくれるか気になる。

さらに、KAIJUの巨大な体を駆けあがり身を翻しながら斬りかかる機動力抜群のセイバー・アテナ、全身のパーツというパーツに武器を仕込むブレーサー・フェニックス、電磁鞭を自在に振りかざすガーディアン・ブラーボ、そして強力な拳と両腕のチェーンソードが特徴的な本作の主役となるジプシー・アベンジャー、さらに正体不明の謎の機体オブシディアン・フューリーとバラエティ豊かなイェーガー達の超絶アクションも確認できるが、イェーガーは2人のパイロットが神経接続し意思統一する”ドリフト”によって操縦することのできるシステムとなっており、果たして新田真剣佑は、一体どの機体に、誰と乗り込むことになるのかも注目!

画像: 新世代パイロットたち

新世代パイロットたち

前作で監督を務め、先日発表された第90回アカデミー賞では『シェイプ・オブ・ウォーター』で見事に作品賞・監督賞など4冠を獲得したギレルモ・デル・トローから続編を引き継いだ、”デル・トローに認められ意志を継ぐ男”スティーヴン・S・デナイト監督は、本作から参戦を果たす若手の新パイロットを演じた新田真剣佑について現場に臨む姿勢も持ち前の表現力も大絶賛。
『本当に素晴らしかったよ。この役に全身全霊で当たってくれたんだ。「4ヶ月で一番いい体に仕上げて来て」と伝えたんだけど、本当に過酷なトレーニングを積んできてくれた。彼のがんばりを受けて、更にパートを増やして撮影したんだ!』と、ハリウッド作品で新田真剣佑が自身の努力によってさらに多くの出番を勝ち取ったことを激白!

KAIJUに立ち向かいスクリーン狭しと暴れまわるであろう新田真剣佑の活躍がますます楽しみになる。

画像: 『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告 youtu.be

『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.