「日本におけるイタリア年」をきっかけに 2001 年の春に始まり、毎年 1 万人を超える観客が訪れるゴールデンウィーク恒例のイベント「イタリア映画祭」。このたび18回目となるイタリア映画祭2018の開催が決定。日本未公開の最新のイタリア映画14本&アンコール作品5本が一挙上映される。
画像: ゴールデンウィークの恒例イベント!イタリア映画祭2018開催決定

旬のイタリア映画が一挙に揃う貴重なチャンス!

本国で2017年以降に製作されたフレッシュな新作14作品が日本初お目見え。そのラインナップはイタリアで国民的人気を誇るシンガー・ソングライターリガブエの3本目の監督作で無名の一市民の生き様を通してイタリアへの愛憎を描く人間賛歌の感動作『メイド・イン・イタリー』、マーティン・スコセッシから「感動的で美しい映画」と絶賛され、米アカデミー賞<外国語映画賞>のイタリア代表に選ばれた『チャンブラにて』など。旬のイタリア映画が一挙に揃うチャンスは見逃せない!

画像: 『メイド・イン・イタリー』

『メイド・イン・イタリー』

さらに本映画祭でシリーズ前2作品を上映し、好評を博したシドニー・シビリア監督の『いつだってやめられる』シリーズの第3弾『いつだってやめられる―名誉学位』も上映が決定! 前作が『いつだってやめられる―10人の怒れる教授たち』<5/26(土)Bunkamura ル・シネマ他全国公開>として日本での劇場公開を控えるなど、着実にファンを増やしているスリリングなクライムコメディシリーズの最新作がいち早く観られる。

新作と関連がある作品を集めた<アンコール上映作品>5作品は、過去に日本で上映されたことはあるが、現在はその権利がなく、今回が日本で見ることができる最後の機会になるかもしれない貴重な上映だ。そして例年通り、来日ゲストによる開会式や舞台挨拶、トークセッションも予定しており、東京のほか大阪(ABC ホール)でも開催が決定している。上映スケジュールなどは下記ホームページをチェック。

イタリア映画祭2018
会期:4月28日(土)~5月5日(土・祝)
会場:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン 11 階)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.