先日惜しくも急逝した大杉漣が死刑囚専門の教誨師という複雑な人物像を圧倒的な存在感で演じ切り、最初のプロデュース映画にして最後の主演作となった映画『教誨師』(きょうかいし)が、10月6日(土)より公開決定した。

緊張感あふれる演技の応酬によって人間の本質が浮かび上がる

本作が描くのは6人の死刑囚と対話する一人の教誨師の姿。教誨師(きょうかいし)とは受刑者に対して道徳心の育成、心の救済につとめ、彼らが改心できるように導く人。死刑囚専門の教誨師である牧師の主人公・佐伯を大杉が演じている。

ほぼ教誨室での会話劇ながら息つく暇もない約2時間。役者たちの緊張感あふれる演技の応酬によって人間の本質が浮かび上がる。時にユーモアもまじえながら、死の側からとらえた強烈な生の物語になっている。このたびの劇場公開にあたり、佐向大監督のコメントも到着した。

佐向大監督 コメント

いい加減で適当で、できるだけ責任から逃れたい。私はそんな人間です。おそらく死刑囚もそうだと思います。じゃあ何故私は彼らじゃないのか。罪を犯した者と犯さなかった者はどこが違うのか。なんで死ぬのは嫌なのか。何故行きたいのか。そもそも死者と生者の境界は何か。ひょっとしたら何も違いはないし、何の理由もないのかもしれません。だったら自分が日頃大切に思っていることや、しがみついているものは一体何なのだろう?
そんなことを私自身もこの作品を通して知りたいと思いました。
3年前、小さな喫茶店で、この企画を一番最初に話したのが大杉さんでした。

「いいね、やろうよ」その一言をきっかけにこの作品が生まれました。私にとって主演俳優以上の存在だった大杉さんの訃報を前に、全く心の整理がついていません。ただこれだけ言えるのは、人生は限りがある。だからこそ、かけがえのない時間を、かけがえのない仲間とともに、どんなお仕事でも遊びでも手を抜かず、一瞬一瞬を精いっぱい全力でやられていた方だったのではないか。あの優しさ、包容力、エネルギーはそんなところからきていたのではないか。今はそんな気がしています。この作品で大杉漣という役者の凄みを改めて目の当たりにしました。おそらく皆さんも同じ思いを抱くのではないかと思います。

教誨師
10月6日(土)より、有楽町スバル座ほか全国順次公開
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
©「教誨師」members

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.