映画「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」が3月30日に公開!これを目前とした3月13日(火)にリュック・ベッソン監督が来日、ジャパンプレミアを実施した。
画像1: リュック・ベッソン監督が6年ぶりに来日!
映画「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」ジャパンプレミア

この日のジャパンプレミアには、遂に公開される本作に期待を寄せるファン450人以上が劇場に足を運んだ。イベントが始まるとMCの呼び込みで、満席の観客の前にリュック・ベッソン監督が登場!会場からの割れんばかりの拍手に、監督も満面の笑みでステージへ登壇。
「日本は私にとって第2の祖国」と公言するほど大の日本好きなベッソン監督は、登壇するなり陽気にステップを踏み、「ドウモ、アリガトウ!コンバンワ!」と日本語で挨拶し、久々の日本にご満悦の様子。
「初めて来日したのは30年ほど前ですが、いつも素晴らしい体験。本当にうれしいのは、作品を公開する度に日本の皆さんが観に来てくれることです。30年後も、みんながヨボヨボになっても、会えることを楽しみにしています。その時は、車いすに乗ってでも来ます!」と、日本のファンへ熱い思いを語った。

画像2: リュック・ベッソン監督が6年ぶりに来日!
映画「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」ジャパンプレミア

子供の頃から本作の原作にあこがれ続け、遂に映画化を実現させた監督は「とても嬉しいです。原作は知らなくても大丈夫です。しかし、年を取るとどうしても忘れてしまう。10歳の子に『大人になったら何したい?』と聞くと、例えば『宇宙飛行士』と答えますが、その子は大人になったとき、同じことを聞かれたら『宇宙飛行士になりたいなんて馬鹿だった』と答えてしまうんです。でも(僕みたいに)宇宙飛行士になれた男もいます。今夜は(映画の舞台の)28世紀にいきましょう!」と作品への思いを熱く語った。

画像3: リュック・ベッソン監督が6年ぶりに来日!
映画「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」ジャパンプレミア

2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分|製作:ヨーロッパコープ|配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.