第70回カンヌ国際映画祭でグランプリと国際映画批評連盟賞をダブル受賞。大絶賛を集めた話題作「BPM ビート・パー・ミニット」3月24日公開!

画像1: エイズ/HIV感染者差別への抵抗を熱く描く
カンヌ絶賛!グランプリ受賞作
「BPM ビート・パー・ミニット」

第70回カンヌ国際映画祭でグランプリと国際映画批評連盟賞をダブル受賞。1990年代のパリで、HIV感染者への差別や不当な扱いに対し、強硬な抗議行動をとった“ACT UP Paris“の活動を通して、若者たちの恋と人生を鮮烈に描き出す。
実際に当時ACT UPのメンバーだったロバン・カンピヨ(「イースタン・ボーイズ」)が監督と脚本を担当。出演は「グランド・セントラル」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、アルノー・ヴァロワ、アデル・エネル、アントワン・ライナルツら。

画像2: エイズ/HIV感染者差別への抵抗を熱く描く
カンヌ絶賛!グランプリ受賞作
「BPM ビート・パー・ミニット」

90年代初頭のパリ。HIV/エイズは世界の、特に若い世代に甚大な被害を及ぼしていたが、政府や製薬会社も本腰を入れようとせず、その結果誤った知識や偏見ばかりがはびこるように。そんな状況の中、パリを拠点とする活動団体“ACT UP Paris“には感染者はもちろん高い問題意識を持った人々が集まり、さまざまな活動を行なっていた。

画像3: エイズ/HIV感染者差別への抵抗を熱く描く
カンヌ絶賛!グランプリ受賞作
「BPM ビート・パー・ミニット」

グループの中でもカリスマ的存在のショーン(ビスカヤート)は、温和な活動では決して現状は変えられないと主張。仲間のチボー(ライナルツ)やソフィ(アデル)は彼の過激なやり方に危機感を抱きながらも、社会の偏見や無関心に失望し、行動を共にすることに。新しくメンバーに加わったナタン(ヴァロワ)は、デモや抗議活動に参加する中でショーンと惹かれ合うように。けれどもショーンの体は日に日に病魔に蝕まれていく。

2017年度作品。2時間23分。フランス映画。ファントム・フィルム配給
© Céline Nieszawer

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.