次世代のエンタメ映画を体感せよ!2018年の夏はファン垂涎のビッグタイトルが勢揃い、シリーズ映画はさらなる進化を遂げます!

BIG TITLE01: ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

銀河一のパイロットの知られざる若き日が明らかに

画像: 銀河一のパイロットの知られざる若き日が明らかに

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の興奮未だ醒めやらぬ中、この夏早くも「スター・ウォーズ」の新作が登場。今度の主人公は、シリーズで圧倒的な人気を誇るキャラクターの一人、ハン・ソロ。銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンのパイロットにして伝説の運び屋ハン・ソロの知られざる若き日が初めて明かされる。

若き青年時代のハン・ソロを演じるのは「ヘイル、シーザー!」で注目を浴びたアルデン・エアエンライク。監督は「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズを手がけ、「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞を受賞したロン・ハワード。共演にはウッディー・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グロヴァーら個性豊かな顔ぶれが並ぶ。そしてもちろん、ハン・ソロの生涯の相棒チューバッカも登場する。

物語の舞台は、「エピソード4/新たなる希望」でルークやレイアと出会うさらに前。相棒であるウーキー族のチューバッカとの出会いや、「エピソード5/帝国の逆襲」で自称実業家として登場したハン・ソロの悪友ランド・カルリジアンとの遭遇、さらにそのランドの持ち物であったミレニアム・ファルコンを手に入れる道のりなどが描かれるようだ。

ここに注目!

ハン・ソロやチューバッカなどおなじみのキャラクターに加え、今回初登場となる新キャラクターにも注目。「ターミネーター:新起動/ジェニシス」の人気女優エミリア・クラークが演じるのは謎の美女キーラ。若きハン・ソロの“パートナー”らしいが、一体どんな関係!?

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」
2018年6月29日公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン配給

BIG TITLE02: ミッション:インポッシブル/フォールアウト

トムがシリーズ史上最大級かつ最難関スタントに挑む

画像: 今回もトム・クルーズ自らがノースタントで決死のアクションに挑む

今回もトム・クルーズ自らがノースタントで決死のアクションに挑む

トム・クルーズが伝説的エージェント、イーサン・ハントを演じるスパイアクション映画の金字塔「ミッション:インポッシブル」シリーズ。そのシリーズ第6弾がいよいよ始動。サブタイトル「フォールアウト」が意味するのは、放射性降下物、あるいは“副産物”。イーサンの過去の行動が引き起こした新たな脅威=“副産物”が物語で重要な意味を持ってくるようだ。

本シリーズの最大の見どころは、毎回トム・クルーズ自らがスタント無しで挑む決死のアクションの数々。今回はシリーズ史上最大級かつ最難関のスタントに挑戦。山脈を飛行するヘリコプターにロープでしがみつき、パリの凱旋門をヘルメットなしの状態でバイクに跨り猛スピードで疾走、ビルからビルへの“空中歩行”ジャンプなど、度肝を抜かれるアクション・シーンが盛り込まれる。

トム・クルーズがイーサン・ハントを演じるのは6度目

キャストにはイーサン・ハント役のトム・クルーズをはじめ、名物キャラクターとなったベンジー役サイモン・ペグ、そしてヒロインのイルサ役レベッカ・ファーガソン、ルーサー役ヴィング・レイ*ムスらおなじみのメンバーが再結集。また、イーサンのライバルの CIA 敏腕エージェント、ウォーカー役としてスーパーマンことヘンリー・カヴィルが初登場するのも話題だ。

ここに注目!

自らスタントに挑んだトムが骨折する事故が起こり、世界中を騒然とさせたのが、写真で捉えられている高層ビル間の大ジャンプシーン。事故後も撮影を中断せず、そのまま演じきったというトム。なんとそのカットがそのまま本編に使用されているというから必見!

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
2018年8月3日公開
東和ピクチャーズ配給

BIG TITLE03: ジュラシック・ワールド/炎の王国

“恐竜の島”で火山の大噴火という不測の事態が勃発

画像: 火山が噴火した島で恐竜たちを救うことができるのか?

火山が噴火した島で恐竜たちを救うことができるのか?

巨匠スティーヴン・スピルバーグの代表作の一つで、恐竜映画の決定版となった「ジュラシック・パーク」シリーズ。製作25周年という節目を迎える2018年、“ジュラシック”最新作が誕生。日本でも2015年度公開映画の年間興行収入1位となるメガヒットを記録した「ジュラシック・ワールド」の第2弾だ。

夢のような恐竜テーマパークを舞台に、ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスたちの暴走が描かれた前作。今回はそのテーマパークを有するイスラ・ヌブラル島で火山の大噴火の予兆が捉えられるところから物語の幕が開く。恐竜行動学のエキスパート、オーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに現地へ向かうが、その矢先に火山が大噴火。生き残りをかけた究極のアドベンチャーが始まる。

主人公オーウェン役をクリス・プラットが続投

前作に引き続きオーウェン役のクリス・プラット、クレア役のブライス・ダラス・ハワードが続投。さらにジェフ・ゴールドブラム演じる伝説のキャラクター“マルコム博士”がカムバックし、シリーズ史上最多数の恐竜たちが登場するなど見どころ満載。監督は「怪物はささやく」のJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督コリン・トレヴォロウが製作総指揮・脚本に回る。

ここに注目!

今回登場する恐竜たちの数はシリーズ史上最多! シリーズの絶対王者であるT-REXや、前作には登場しなかった新たな恐竜たちも多数登場する予定だ。そして、前作で世界中から“萌え恐竜”として大人気を博したヴェロキラプトルの“ブルー”が物語のカギを握る。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.