1927年と1977年、それぞれの時代にニューヨークへ向かった耳の聞こえない少年と少女の人生が50年の時を経てつながれる。「キャロル」のトッド・ヘーンズ監督がブライアン・セルズニックのベストセラー小説を映画化。出演は「ピートと秘密の友達」のオークス・フェグリー、自身もろう者でこれが映画初出演のミリセント・シモンズ、ジュリアン・ムーアら。
画像: 二つの時代の小さな冒険が不思議な運命で結ばれる
「ワンダーストラック」4月6日公開

「ヒューゴの不思議な発明」の原作者のベストセラーを映画化

1927年と1977年、それぞれの時代に、大切な人を探してニューヨークへ向かった耳の聞こえない少年と少女の人生が50年の時を経てつながれる。
「キャロル」のトッド・ヘーンズ監督が、「ヒューゴの不思議な発明」の原作者ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を映画化。セルズニックは脚本も担当している。出演は「ピートと秘密の友達」のオークス・フェグリー、自身もろう者でこれが映画初出演のミリセント・シモンズ、ジュリアン・ムーア、ジェーデン・マイケル、ミシェール・ウィリアムズら。

画像: 「ヒューゴの不思議な発明」の原作者のベストセラーを映画化

12歳の少年ベンは父を探すためニューヨークへと旅立つ

1977年ミネソタ州。12歳の少年ベン(フェグリー)は、母(ミシェール)を交通事故で亡くし、伯母の家で暮らしている。生前、母は父のことを一切話してくれなかった。そんな母の遺品から父の手がかりを得たベン。運悪く事故で耳が聞こえなくなってしまったが、父を探すためニューヨークへと旅立つ。

画像: 12歳の少年ベンは父を探すためニューヨークへと旅立つ

時を越えた少年少女の冒険

1927年ニュージャージー州。生まれた時から耳の不自由な少女ローズ(ミリセント)は、支配的な父と折り合いが悪く、女優のリリアン(ジュリアン)の映画を見ることだけが心の支えだった。ある日、リリアンがニューヨークの舞台に出ることを知ったローズは彼女に会いに行こうと決意し一人で船に乗る。
時を越えた少年少女の冒険。彼らは不思議な運命に導かれて自然史博物館へとたどり着く。そこで二人が見つけたものは?

画像: 4/6公開『ワンダーストラック』予告編 www.youtube.com

4/6公開『ワンダーストラック』予告編

www.youtube.com

「ワンダーストラック」
監督/トッド・ヘインズ
出演/オークス・フェグリー、ミリセント・シモンズ、ジュリアン・ムーア、ジェーデン・マイケル、ミシェール・ウィリアムズ
4月6日公開/KADOKAWA配給
Photo : Mary Cybulski ©2017 Amazon Content Servises LLC.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.