1943年6月19日、ナチスの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスは、首都ベルリンからユダヤ人を一掃したと正式に宣言する―。だが、実は1500人が終戦まで生き延びていた!いかにして彼らはナチスによるホロコーストを免れたのか? 衝撃の史実を映画化した『The Invisibles』(英題)が7月28日(土)に『ヒトラーを欺いた黄色い星』として日本公開することが決定した。
画像: いかにして彼らはナチスによるホロコーストを免れたのか? 『ヒトラーを欺いた黄色い星』公開・邦題決定

実際の生還者の証言を交えて、驚きの実話を映画化

第二次世界大戦下の1941年から1945年にかけて、ナチスに虐殺されたヨーロッパのユダヤ人は約600万人と言われている。そのうち16万人がドイツ国籍を持っており、ドイツ系ユダヤ人の国外移住は禁じられ、違法ルートでの脱出もほぼ不可能だった。そして1943年6月19日、ナチスの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスは、ドイツの首都ベルリンからユダヤ人を一掃したと正式に宣言した。

しかし事実はそうではなく、約7000人ものユダヤ人がベルリン各地に潜伏し、最終的に約1500人が戦争終結まで生き延びたのだ。ユダヤ人迫害の嵐が吹き荒れる極限状況のもと、彼らはどのようにして身分を隠しながら住みかや食料を確保し、恐ろしいゲシュタポの手入れや密告者の監視の目をすり抜けていったのか―。

画像: 実際の生還者の証言を交えて、驚きの実話を映画化

映画は人類史上最大の悲劇といわれるホロコーストの嵐の中に生きた“彼ら”の物語を追う。運よく収容所行きを免れ、大胆にもドイツ人兵士に成りすましてベルリン市内の空室を転々としたツィオマは、ユダヤ人の命を救うための身分証偽造を行った。友人とともに戦争未亡人を装って映画館に出かけたルートは、ドイツ国防軍の将校にメイドとして雇われることに。最も若い16歳の少年オイゲンはヒトラー青少年団の制服を着て身元を偽り、反ナチスのビラ作りに協力。17歳の孤児ハンニは髪をブロンドに染めて別人になり、映画館で知り合った男性の母親の家に匿われた。家族と離ればなれになり、ゲシュタポにいつ逮捕されるかわからない不安の日々を強いられた彼らは、あてどなくベルリンの街をさまよい、飢えや冬の寒さ、孤独感などにも苛まれた。

極限の不安と孤独の日々の中でも、生きる希望を捨てなかった若者たち。その驚きに満ちた実話を、実際の生還者の証言を交えて映画化。知られざる真実を今に伝える衝撃の物語がここに誕生する。

ヒトラーを欺いた黄色い星
7月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー
配給:アルバトロス・フィルム
© 2016 LOOK! Filmproduktion / CINE PLUS Filmproduktion ©Peter Hartwig 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.