昨年2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭において、最高賞であるロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)を受賞し、ヨーロッパで最も権威ある賞の一つであるヨーロッパ映画賞にも輝くなど、世界中で多数のドキュメンタリー賞に輝いた感動作『オラとニコデムの家』が『祝福~オラとニコデムの家~』の邦題で、6月下旬ユーロスペースを皮切りに全国順次公開することが決定。あわせてポスタービジュアルも解禁された。
画像: 2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭最高賞に輝いた感動作『祝福~オラとニコデムの家~』公開決定

酒で問題を抱える父親と自閉症の弟と暮らす14 歳の少女が主人公

本作の舞台はポーランドのワルシャワ郊外の街。主人公は、酒で問題を抱える父親と自閉症の 13 歳の弟ニコデムと暮らす 14 歳の少女オラ。母は家を出て行ってしまい、家事をこなし、弟の面倒を
見るのはもっぱらオラの役目だ。現実は厳しいが、弟の初聖体式(カトリック教会で、洗礼後
に初めて聖体をいただく式) が成功すれば、もう一度家族がひとつになれると信じるオラの日々
を描いている。

「自分自身が、この映画の少女だった」と語るアンナ・ザメツカ監督は、自分の経験を重ねながら、少女の日常を撮り続け、「少女の心の叫びを世界に伝えるための可能性であろうとした」と絶賛さ
れ、世界中の映画祭で多数の賞を受賞した。監督はこの映画を「帰る家を探している現実的な
ヘンゼルとグレーテルの物語」と言い、大人に守られず必死に生きている、この世界の子供た
ちへの優しくも透徹したまなざしが大きな感動を呼んだ。

このたび完成したポスターは「少女はこの世界に負けないように立っている。」のキャッチフレーズと少女オラの眼差しが印象的なビジュアルになっている。

祝福~オラとニコデムの家~
6 月下旬ユーロスペースほか全国順次公開
配給:ムヴィオラ
©HBO Europe s.r.o.,Wajda Studio Sp. zo.o.Otter Films Wazelkie prawa zastrzeżone,2016

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.