新作スパイ映画「355」355に人気女優5人が集合することになった。

「モリーズ・ゲーム」のジェシカ・チャステーン、「愛を綴る女」のマリオン・コティヤール、「オリエント急行殺人事件」のペネロペ・クルズ、「ブラックパンサー」のルピタ・ニョンゴ、「スキップ・トレース」のファン・ビンビンの5人が演じる国際スパイが、共通の敵と戦ううちに、姉妹のような関係になっていく。
原案はジェシカによるもの。監督は「X-MEN」シリーズのプロデューサーで、初監督作「X-MEN:ダーク・フェニックス」X-Men: Dark Phoenix が19年2月全米公開のサイモン・キンバーグ。脚本はTV「SMASH」のテレサ・レベック。製作はフレックス・フィルムズ、ジャンル・フィルムズ他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.