「アイアンマン」「ジャングル・ブック」のジョン・ファヴロー監督が手掛ける、「スター・ウォーズ」の実写版TVシリーズの時代背景が判明。

本シリーズでは、最初の3部作の完結編「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」の7年後が舞台になる。これはファヴロー監督がインタビューで発言したもの。
この時期は、新たな共和国が築かれ始め、まだファースト・オーダーは勢力を持っていない頃なのではないだろうか。また、物語の中心は、新たな人物になると言われているが、その詳細は未発表。
このシリーズはディズニーの新たなオンデマンド・サービスに向けて製作される、「スター・ウォーズ」シリーズ初の実写テレビ作品となる模様。またファヴローは間もなく公開される「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」で重要な宇宙人役の声を担当している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.