ゴッホの複製画を描くことに人生を捧げる男を追った、摩訶不思議な魅力を放つドキュメンタリー映画『世界で一番ゴッホを描いた男』が10月20日(土)より新宿シネマカリテ/伏見ミリオン座ほか、全国順次公開されることが決定。あわせてティザー・ビジュアルも解禁された。

複製画という世界の新鮮な驚きと感動に心が揺さぶられていく

中国・深圳市近郊にある「大芬(ダーフェン)油画村」では、ゴッホをはじめとする有名画家のレプリカ制作が産業として確立しており、実に世界市場の6割を生産しているといわれている。本作は、そんな大芬で生きるひとりの画家チャオ・シャオヨンが、未だ経験がない“本物のゴッホの絵を見る”という夢を叶えるためアムステルダムを訪れるまでを描いた感動のドキュメンタリー。

複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国大芬(ダーフェン)。出稼ぎでこの街にやって来た趙小勇(チャオ・シャオヨン)は独学で油絵を学び、20年もの間ゴッホの複製画を描き続けている。絵を描くのも食事も寝るのも工房の中。いつしか趙小勇はゴッホ美術館へ行くという夢ができた。本物のゴッホの絵画からゴッホの心に触れて何か気づきを得たい、今後の人生の目標を明確にしたいという思いと共に。どうしても本物のゴッホの絵画を見たいという想いは日増しに募り、ついに夢を叶えるためにアムステルダムを訪れるのだが・・・。

炎の画家=ゴッホ”への溢れる畏敬の念/ゴッホと共に生きる者としての複製画へのこだわりとプライド、そして“自分はゴッホの複製画制作に命を懸ける職人なのか? ゴッホの生き様を今に蘇らせるアーティストなのか?”という葛藤…。映画を通して明かされていく男の生きざまに、そして複製画という知られざる世界の新鮮な驚きと感動に心が揺さぶられていく。

本作は2016年のアムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭でワールド・プレミアされた後、数多くの映画祭で上映。監督のユイ・ハイボーとキキ・ティンチー・ユイは父娘であり、父は著名な写真家、娘は自身の制作会社で監督・プロデューサーを務めるだけでなく、上海の学校で教鞭も執っている才女だ。

後期印象派を代表する存在でありながら生前は不遇な人生。だが、命を削りながら 一筆、一筆、キャンパスに自身をぶつけ、芸術に人生を捧げ、芸術の高みを目指した孤高の画家フィンセント・ファン・ゴッホ。そんなゴッホに魅せられ、ゴッホに人生を捧げる男を追った、魔訶不思議な魅力を放つ新たなドキュメンタリー映画が誕生する。

世界で一番ゴッホを描いた男
10月20日(土)より新宿シネマカリテ/伏見ミリオン座ほか、全国順次ロードショー
配給:アーク・フィルムズ/スターキャット
© Century Image Media (China)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.