大ヒット・シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018 年7月13日公開、東宝東和配給)の日本語吹き替え版キャスト第二弾が発表となった。日本語吹き替え版キャストにも恐竜たちに負けない豪華人気声優陣が集結!

内田夕夜、黒田崇矢、中田譲治、高木渉、池田昌子も参戦!!

『ジュラシック・パーク』(93)、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(97)で伝説を残した人気キャラクターであり、今回シリーズへ再登場を果たしたイアン・マルコム博士役には、大塚芳忠が続投!
大塚さんは「ジェフ・ゴールドブラムはアップルのコンピュータTVCMからずっと担当してきました。194センチという長身でなんとなく動きがギクシャクした感じがユニークで面白く、ちょっと無気味な味わいもあり、彼自身が恐竜に見えなくもない…。大好きなキャラクターです!」と、愛着のあるマルコム博士を再び演じる事に喜びを噛みしめた様子でコメントを寄せた。

また、<ジュラシック・ワールド>の元運営責任者で、本作では恐竜保護グループの代表を務めるクレアに恐竜救助を依頼するミルズ役には内田夕夜。クレア達と共にイスラ・ヌブラル島に向かう傭兵隊長ウィートリー役には黒田崇矢。<ジュラシック・パーク>設立者であるジョン・ハモンドのかつてのパートナーで、本作の鍵を握る少女メイジーの祖父でもあるロックウッド役には中田譲治。恐竜を闇オークションにかけようと画策するエヴァーソル役には高木渉。メイジーの教育係アイリス役にはベテラン、池田昌子が担当する。

池田は「私が吹き替えを担当する〝ジェラルディン・チャップリン〝は、ずっと昔、お互いまだ若いときにも共演させて頂いたので、とても懐かしく思います。こうして、良い女優さんになって、より素敵になられた彼女をリスペクトしながら、幸せな気持ちでこの役を演じさせて頂きました」と喜びを明かしつつ、念密に練られたストーリー展開、圧倒的な映像体験が楽しむことができる本作を大絶賛している。

© Universal Pictures

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.