韓国を代表する俳優、イ・ビョンホンと注目度No.1の新鋭パク・ジョンミンが共演し、兄弟の絆を描き出す感動作『それだけが、僕の世界』がTOHOシネマズシャンテほかにて2019年正月ロードショー公開されることが決定した。

全くタイプの違う兄弟が本当の家族となっていく姿を温かい感動で描く

画像: 全くタイプの違う兄弟が本当の家族となっていく姿を温かい感動で描く

イ・ビョンホンが演じるのは、かつては、世界チャンピオンであった元プロボクサーのジョハ。定職も住む場所もない生活を送っていた彼が、偶然17年前に別れた母親(ユン・ヨジョン)と再会し、今まで会ったことも聞いたこともない、弟ジンテ(パク・ジョンミン)と一つ屋根の下暮らすことになる。生きてきた境遇も得意なことも好きなことも全く違う兄弟が、初めて出会い起こる数々の出来事を通して、徐々に心を通わせながら本当の兄弟、そして家族となっていく姿を、ユーモアと温かい感動で描いた物語だ。

『インサイダーズ/内部者たち』の暴力でのし上がってきた男、『MASTER/マスター』の希代の詐欺師、『天命の城』の和親派の大臣まで作品ごとに毎回違うジャンルとキャラクターで魅了してきたイ・ビョンホンが、本作では韓国版「ひとつ屋根の下」とも言われる大ヒットドラマ「Happy Together」以来の不器用な男を演じ、寡黙で粗暴そして単純な性格だが、実は情の深い人間味溢れるといったキャラクターで観客の心を掴む。また、共演のパク・ジョンミンは“俳優人生において一番特別な経験”と言うほど、入念な準備と努力を行い、天才的なピアノの才能を持つサヴァン症候群の弟といった難しい役を完璧にこなしている。そして、二人の兄弟になくてはならない存在である母親役には、『ハウスメイド』などでカリスマ的な女優であるにもかかわらず、最近では「ユン食堂」などバラエティーでも視聴者に愛されるユン・ヨジョンが演じている。

制作は韓国で歴代3位の動員を誇り日本でも大ヒットとなった『国際市場で逢いましょう』の監督ユン・ジェギュンが担当。“最近読んだシナリオの中で一番優れている”と脚本を絶賛し即座に映画化した。そしてその脚本を書いたのが、ヒョンビン主演『王の涙 イ・サンの決断』の脚本を手掛けたチェ・ソンヒョン。本作では脚本のみならず初めて監督も務めた。

さらにエンドロールには、韓国で長く愛される名曲「それだけが、僕の世界」が使用されており、最後まで感動の余韻が観客を包み込む。また今回あわせて解禁となったティザービジュアルには、イ・ビョンホン演じる兄の笑顔と寄り添う弟の姿が。決して交わることがなかった二人の出会いが、今年最後に最高の感動を与えてくれるはずだ。

それだけが、僕の世界
2019年正月 TOHOシネマズ シャンテほかにてロードショー
配給:ツイン
©2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.