アクション・スターの代名詞でありレジェンドであるジャン=クロード・ヴァン・ダムとドルフ・ラングレン共演のアクション巨編『スティール・サンダー』が7月28日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショーされることが決定した。

多くの名勝負を繰り広げてきたふたりが今回は初の共闘に挑む!?

画像: 多くの名勝負を繰り広げてきたふたりが今回は初の共闘に挑む!?

CIAの極秘情報が収録されたデータが流出するところから物語は始まる。データ流出情報を外部に漏らした容疑者を追い極秘捜査をしていたウィーラー(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)は、突然、武装集団に襲撃を受け確保され潜水艦に連行された。それはアメリカ海軍の潜水艦だが、内部はテロリストの収容施設に改造され合衆国政府、CIAに存在を黙殺された海底を移動するテロリスト収容所“ブラック・サイト”でもあった。

すでに艦内には謎の男マルコ(ドルフ・ラングレン)が幽閉されていた。ウィーラーから極秘情報のデータを開くキー<鍵>の隠し場所を吐かせようと尋問するCIA職員のエドワード(アル・サビエンザ)。実は、エドワードは流出した極秘データを手に入れ第三国に売り巨額の報酬を得ようと計画していた。ウィーラーは隙をつき取調室から逃げ出したが、エドワードの雇った傭兵たちに追いつめられてしまう。最終手段としてウィーラーは独房に幽閉されたマルコに協力を依頼する。

独房から解放されたマルコは、ウィーラーに協力するのだろうか? それとも、彼も極秘データを狙っているのか? 今、マルコが放たれたことにより艦内が戦場と化す!

『ユニバーサル・ソルジャー』“リジェネレーション”(2009),“殺戮の黙示録”(2012)、そして、『エクスペンダブルズ2』(2012)など、二人は常に敵対した役を演じてきたが、今回は初の共闘が見られるのかも注目ポイント。合衆国政府が存在を黙殺する動くテロリスト収容所でもある巨大潜水艦に仕掛けられた陰謀に挑む2人のレジェンド。この二人が暴れ出したら、もう止まらない!?

また本作は、各配給会社がよりすぐりのラインナップで激突、黄金のチャンピオンベルト目指して争う【WCC ワンダーナイト・シネマカーニバル】の一本となっている。

スティール・サンダー
7月28日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
配給:インターフィルム
© 2018 BLACK WATER LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.