英国作家ジェームズ・ハドリー・チェースの『悪女イヴ』をイザベル・ユペール、ギャスパー・ウリエル共演で映画化。美しき新進作家が謎の娼婦エヴァに人生を狂わされていく。監督はブノワ・ジャコー。
画像: 男を破滅させる“悪女”をイザベル・ユペールが熱演
「エヴァ」7月7日公開

イザベル・ユペールが悪女を熱演

英国の人気作家ジェームズ・ハドリー・チェースの小説『悪女イヴ』を「エル ELLE」のイザベル・ユペール、ギャスパー・ウリエル共演で映画化。美しき新進作家が謎の娼婦エヴァに人生を狂わされていく。監督は「マリー・アントワネットに別れをつげて」のブノワ・ジャコー。

画像: イザベル・ユペールが悪女を熱演

娼婦エヴァに心を奪われる男

美男子作家のベルトラン(ウリエル)は他人の戯曲を盗んで自分の作品として発表し、一躍成功を掴む。そんな彼の前に現われたのが娼婦エヴァ(イザベル)。一目で心を奪われたベルトランは彼女に冷たくあしらわれながらも、その魅力に堕ち官能と破滅への道を突き進んでいく。

画像: 『エヴァ』予告編 www.youtube.com

『エヴァ』予告編

www.youtube.com

「エヴァ」
監督/ブノワ・ジャコー
出演/イザベル・ユペール、ギャスパー・ウリエル
7月7日公開/ファインフィルムズ配給
©2017 Macassar Productions - EuropaCorp – Arte France Cinema - NJJ Eentertainment - Scope Pictures

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.