アメリカ映画界でバスケ旋風を巻き起こし大ヒット中の映画『UNCLE DREW(原題)』が『アンクル・ドリュー』の邦題で11月より日本公開されることが決定した。

特殊メイクでお爺さんに扮したカイリー・アービング”が超人プレイを魅せる

“UNCLE DREW”とは、2012年にアメリカ本国ペプシがプロモーション用に制作したドッキリCM動画。現役NBAスター選手“カイリー・アービング”が特殊メイクでお爺さんに扮し、ストリートボーラーに勝負を挑み超人プレイを魅せるというものだ(以下がその動画)。

画像: Uncle Drew | Chapter 1 | Pepsi Max www.youtube.com

Uncle Drew | Chapter 1 | Pepsi Max

www.youtube.com

この動画が話題となり、初日で100万再生、累計1億再生を記録。爆発的な人気キャラクターとなったドリュー爺さんが『UNCLE DREW』として長編映画化、上映されるやいなや新たなヒット伝説を全米で巻き起こしている。

映画『アンクル・ドリュー』は、マイケル・ジョーダンに憧れバスケを始めたが、あるトラウマから選手の夢を諦め、ストリートバスケチームのコーチをしている青年ダックスが、ひょんな事からかつて伝説のバスケ選手だったドリュー爺さんと出会い、爺さんドリームチームを結成してニューヨーク最大のストリートバスケ大会に挑み、大切な仲間や愛を取り戻していくという、笑いあり青春ありのド直球アメリカンコメディ。

特殊老けメイクで主人公のドリュー爺さんを演じるのは現役NBAトップスター選手のカイリー・アービング。また、シャキール・オニール、レジ―・ミラー、クリス・ウェバー、ネイト・ロビンソンら元NBAレジェンド達が同じく特殊老けメイクでチームメイト役を演じ、バスケシーンでは神業プレイを惜しみなく披露している。

コメディ俳優陣には、ダックス役に『ゲット・アウト』のリルレル・ハウリー、ジェス役に、先日行われたMTVアワード2018で最優秀コメディ演技賞、BETアワード2018で優秀女優賞を受賞したティファニー・ハディッシュが起用され、監督は『ドラムライン』のチャールズ・ストーン三世が務める。日本国内は11月公開が決定。邦題は『アンクル・ドリュー』となった。

海外メディアから絶賛レビューが続々到着!

「この数十年間で最高のスポーツ・コメディ映画だ!」 - ABC TV
「“楽しい”ってこういうことだろ」 ― Screen Rant
「コメディ映画のスラムダンクだ!」 ― FOX TV
「エンタメとして素晴らしいが、何より愛に溢れている」 - Los Angeles Times

アンクル・ドリュー
11月 全国公開
配給:REGENTS
Motion Picture Artwork © 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.