現在、YEBISU GARDEN CINEMA他全国で公開中の『オンネリとアンネリのおうち』(アット エンタテインメント配給)が好評につき、続編『オンネリとアンネリのふゆ』が2018年冬・公開決定した。

フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの児童文学原作

フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミ原作の児童文学「オンネリとアンネリ」シリーズを映画化、本国フィンランドでは3週連続1位に輝き、その後シリーズ化された3作品はのべ100万人を動員し、国民の5人に1人が観る大ヒットを記録、YEBISU GARDEN CINEMA他全国で公開中の『オンネリとアンネリのおうち』が好評により、続編『オンネリとアンネリのふゆ』(原題:Onneli ja Anneli talvi)も2018年冬・公開が決定。

画像: 『オンネリとアンネリのふゆ」

『オンネリとアンネリのふゆ」

「ムーミン」「ロッタちゃん はじめてのおつかい」「長くつ下のピッピ」「小さなスプーンおばさん」「ヘイフラワーとキルトシュー」など、世界中で愛される絵本や童話を贈りだしてきた北欧から新たに届いたのは、フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミによる児童文学が原作の、小さな女の子オンネリとアンネリの物語。ふたりに起こるドキドキワクワクの事件を描き、本国では3週連続1位に輝き、その後シリーズ化された3作品はのべ100万人を動員し、国民の5人に1人が観る大ヒットを記録。シリーズ第2弾「オンネリとアンネリのふゆ」は、「オンネリとアンネリのおうち」と同じ出演者&監督スタッフで製作され、12週連続トップ10入りし、前作「オンネリとアンネリのおうち」を上回る成績で本国フィンランドで再び大ヒット。現在日本で公開中の「オンネリとアンネリのおうち」はフィンランドの夏休みが描かれているが、「オンネリとアンネリのふゆ」のシーズンは冬。サンタクロースのいる国フィンランドのクリスマスが舞台。オンネリとアンネリのお揃いの冬服もとってもキュート。公開が楽しみだ。

© Zodiak Finland Oy 2015 All rights reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.