アウシュヴィッツと並ぶ絶滅収容所ソビボルの知られざる脱出劇を描いた『ヒトラーと戦った22日間』が9月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開されることが決定し、ポスタービジュアルが公開された。

私たちが生き残るには収容所(ここ)から脱走するしかなかった

ソビボル絶滅収容所とは、第二次世界大戦下、ナチスが建設した悪名高きアウシュビッツと並ぶ絶滅収容所の1つ。本作は、1943年10月14日にその収容所で実際に起こった反乱を、【実話】に基づき忠実に描きだす。

多くのユダヤ人が国籍や貧富の差関係なく列車で送り込まれ、ガス室で大量殺戮されていった絶滅収容所ソビボル。残った者には虐待と屈辱の日々が続く。そんな中、秘かに脱出を企てるグループがあった。

しかし彼らには強力なリーダーがいない。そこに1943年9月、ソ連の軍人でサーシャことアレクサンドル・ペチェルスキーが収容者として移されてくると、彼と仲間は、緻密な計画のもと前代未聞の反乱を計画する。それは収容者“全員の脱出”だった。これまで歴史に隠されてきた“絶滅収容所で起こった最大の反乱”は、一体どのように成し遂げられたのか。

このたび解禁になったポスタービジュアルには、反乱のリーダーであるペチェルスキーの独白ともいえる「1943年、私たちが生き残るには収容所(ここ)から脱走するしかなかった」というコピーがあしらわれている。赤い鍵十字が支配する中、収容所の人々を背景に銃を構える冷酷なナチス司令官フレンツェルが中央に配され、ナチスの支配における緊迫感が伝わってくる。

監督・脚本・主演はロシアの国民的俳優コンスタンチン・ハベンスキー。彼の監督デビュー作でもある。ナチスの司令官フレンツェルには『ハイランダー』シリーズ、『ゴーストライダー2』のクリストファー・ランバート。その存在感と冷酷なまなざしで収容者に恐れられる司令官を演じる。

ソビボルで起こった反乱から75年。2018年5月にロシアで公開されると大ヒットを記録した注目作だ。

ヒトラーと戦った22日間
9月8日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他にてロードショー
配給:ファインフィルムズ
©Cinema Production

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.