映画だけでなく美術のフィールドでも世界的に活躍するタイのアピチャッポン・ウィーラセタクンの代表的な長編劇映画 3 作を上映する特集上映『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2018<船出の前に—もう一度アピチャッポン>』が8月11日よりシアター・イメージフォーラム(渋谷)で開催決定。貴重な短編やメッセージ動画も上映するファンには嬉しい企画だ。

ここでしか見られないアピチャッポン監督のメッセージ動画も紹介

2010 年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた『ブンミおじさんの森』が劇場公開されて以来、日本でも多くのファンを獲得して来たタイ出身の映画監督・美術作家アピチャッポン・ウィーラセタクン。2016年には東京都写真美術館での個展「亡霊たち」が開催され、2017 年には TPAM で「フィーバー・ルーム」が上演されて、アート界でも大きな話題と多数のファンを集めた。

そんなアピチャッポンは 2015 年のカンヌ国際映画祭に出品した集大成的な傑作『光りの墓』を最後に、長編映画を発表していないが、現在は次回作の準備中であることが知られ、しかもその作品で、初めてタイを離れて南米コロンビアで撮影すること、昔から親交があり、ビデオインスタレーション作品に出演したこともある女優ティルダ・スウィントンが主演することが話題を呼んでいる。

これまで故郷であるタイ東北部の伝説や民話、個人の記憶、土地の記憶から数々の映像作品を制作し続けてきたアピチャッポンの新たなステージが始まるこの機会に、もう一度、彼の長編映画の代表作3作をスクリーンで見よう、というのが今回の特集上映「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2018<船出の前に—もう一度アピチャッポン>」だ。

今回上映されるのは『世紀の光』(2006)『ブンミおじさんの森』(2010)『光りの墓』(2015)の3作。ユニークな企画として『光りの墓』上映前に短編『国歌』が上映されることがある。

タイの映画館では、映画本編を上映する前に国歌が流れ、観客が起立する慣習があるが、それをアピチャッポンらしいやり方で映像にした短編作品が『国歌』だ。そして長編『光りの墓』の中には、さらに独特な描写で国歌が流れる映画館のシーンを描いている。

また『世紀の光』と『光りの墓』(一部の回)上映前には、アピチャッポンから日本のファンに贈られたメッセージ動画を紹介。シアター・イメージフォーラムでしか上映できない貴重な動画だ。何度見ても新たな発見がある傑作群を、この機会にぜひスクリーンで。

上映作品

『世紀の光』
SYNDROMES AND A CENTURY 2006年|105分|DCP
ヴェネチア国際映画祭公式出品|ドーヴィル・アジア映画祭グランプリほか
映画は2つのパートに分かれている。前半は地方の緑豊かな病院、後半は近代的な白い病院が舞台。登場人物の多くも重なり、医師の恋の芽生えなどのエピソードは2つのパートで反復される。 「これは愛についての映画で、医者だった両親から着想を得たものです。この映画には母の記憶、亡くなった父の記憶、そして僕自身の記憶もミックスしています。この映画の2部構成には自分自身に起きた変化や故郷の町に起きた変化が反映されているといえます。そして現場では違う種類の人間が家族のようになって作りました。僕にとって特別な映画です」(A.W.)

画像: 世紀の光 © 2006 Kick the Machine Films

世紀の光 © 2006 Kick the Machine Films

『ブンミおじさんの森』
UNCLE BOONMEE WHO CAN RECALL HIS PAST LIVES 2010年|114分|35mm
カンヌ国際映画祭パルムドール|カイエ・デュ・シネマ ベスト1ほか
腎臓の病に冒され、死を間近にしたブンミは、妻の妹ジェンをタイ東北部の自分の農園に呼び寄せる。そこに19年前に亡くなった妻が現れ、数年前に行方不明になった息子も姿を変えて現れる…。「今、タイには“不適切”な活動を禁止し、それらを根こそぎにする政府機関が存在します。そのこととブンミおじさんの物語、おじさんが信じていることを関連づけないわけにはいきません。ブンミおじさんは、何か消えゆくもの、すなわち昔ながらの映画館や劇場のように廃れてゆく何か、現代的な風景の中には居場所のなくなった古いスタイルの象徴なのです」(A.W.)

画像: ブンミおじさんの森 ©Kick the Machine Films

ブンミおじさんの森 ©Kick the Machine Films

『光りの墓』
CEMETERY OF SPLENDOUR 2015 年|122 分|DCP
カンヌ国際映画祭ある視点部門公式出品|アジア太平洋映画賞最優秀作品賞ほか
タイ東北部の町。かつて学校だった病院。原因不明の“眠り病”にかかった兵士たち。ある日、病院を訪れたジェンは前世や過去の記憶を見る力を持った若い女性ケンと知り合い、眠り続ける兵士イットの面倒を見始める…。 「3 年ほど前、ある病院で、謎めいた病気にかかった 40 人の兵士が隔離されているというニュース記事を読みました。僕は自分が育ったコーンケンの病院と学校のイメージをその話に重ねました。当時、僕は眠ることに魅了され、夢を書き留めることに熱中していました。それは、タイの現実のひどい状況から逃げる方法だったんだと思います」(A.W.)

画像: 光りの墓 © Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)

光りの墓 © Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)

アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2018<船出の前に—もう一度アピチャッポン>
8/11(Sat.)-9/7(Fri.)シアター・イメージフォーラムにて開催
※詳しい上映スケジュールは下記の公式HPで

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.