8月3日から日本公開される「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のキャンペーンで7月17日、トム・クルーズが来日し、1000人ものファンが歓迎した。

サイモン・ペグ、ヘンリー・カヴィルらも一緒に来日

トム・クルーズが、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペグ、クリストファー・マッカリー監督らとともに、本作のプロモーションのために来日。トム・クルーズの来日は『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』以来約2年ぶりにして実に通算23回目!トム演じるイーサンの前に立ちはだかる敏腕CIAエージェントのウォーカーを演じたヘンリー・カヴィルは『マン・オブ・スティール』(13)以来5年ぶり、前回『スター・トレック BEYOND』(16)の来日時に一際大きな声援を浴び日本での大人気ぶりを示したサイモン・ペッグは約2年ぶり、そしてトム絶大の信頼のもとシリーズ初の続投監督を務めたクリストファー・マッカリー監督は前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)以来3年ぶり。

画像: サイモン・ペグ、ヘンリー・カヴィルらも一緒に来日

羽田空港の到着ロビーでは、多くの報道陣と、子供から大人まで、男性、女性問わず、幅広い層のファン約1000人が、「Welcom to Japan」と書かれたお手製のボードや、お手製のトム写真入りうちわを握りしめ、到着をいまかいまかと待ちわびていた。

そしてロビーにトム、ヘンリー、サイモン、クリストファー監督が姿を現した瞬間、悲鳴にも似た大きな歓声があがり、あちこちから「トムー!」「ヘンリー!」「サイモン!」といった声で溢れるなど、ファンは大熱狂!!白熱した雰囲気の中、キャスト、監督それぞれが、一人ひとり丁寧にサインや握手、写真撮影に応じるものの、その中で一番ファンが白熱していたのがトムの神対応のファンサービス!いつまでもおさまらぬ、来日史上最大規模の熱狂ぶりに、トムの不動の人気ぶりを証明した。

マスコミの前にも姿を現したトムは「また日本に帰ってこれて本当に嬉しいです。明日のジャパンプレミアで、またファンの皆さんにお会いできることに興奮していますし、とても楽しみにしています。」と笑顔でコメントを寄せた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.