あのスーパーヒーロー家族が帰ってきた! ディズニー/ピクサーの記念すべき長編20作品目「インクレディブル・ファミリー」が2018年8月1日から大ヒット上映中。その注目ポイントと、インクレディブル一家のキャラクターに迫る。

ジャック・ジャックに驚異のパワーが覚醒?!

スーパーパワーを持った一家のヒーローとしての仕事と家族の絆を描き、アカデミー賞2部門(長編アニメーション映画賞、音響編集賞)に輝いた大ヒット作品「Mr.インクレディブル」に14年ぶりの続編が誕生。ヒーロー家族の“世界を守る戦い”と家事や育児に奮闘する“フツーの日常”をアクションとユーモア満載で描く。

今回は、一家全員が普通の赤ちゃんだと思っていたジャック・ジャックに驚異のパワーが覚醒。パパはそんな子どもたちに振り回されながら家事に悪戦苦闘し、ママはヒーロー復活をかけてミッションに挑む。ピクサー・アニメーション・スタジオの長編20作目にあたり、アニメーション映画として全米史上1位のオープニング成績を記録した。監督は前作を手がけ、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」など実写アクションにも腕を振るうブラッド・バード。

これがインクレディブル・ファミリーだ!

画像: これがインクレディブル・ファミリーだ!

1. 怪力パパ(Mr.インクレディブル/ボブ)

家族を愛する心優しいパパ。怪力の持ち主で、様々な衝撃に耐えうる強いボディを持つ。日常生活ではかなり不器用で、ヘレンがいないと慣れない家事・育児に悪戦苦闘。

SUPER POWER
車や電車を持ち上げてしまうほどの怪力。だが怪力のあまり周辺まで破壊してしまうことも。

2. ゴム人間ママ(イラスティガール/ヘレン)

優しくて強い、しっかり者のママ。身体をゴムのように伸縮したり、薄くなったりできる。現実的な考えの持ち主で“パワー使用禁止”のルールを子供たちに守らせようとする。

SUPER POWER
身体がゴムのように伸縮自在。パラシュートやトランポリンのようにも変身できる。

3. 高速ボーイ(ダッシュ)

一家の長男でヴァイオレットの弟。時速300㎞という超高速で行動可能。好奇心旺盛でおしゃべりな10歳の少年。家族とささいなことで衝突するが、本当は誰より家族思い。

SUPER POWER
ビデオカメラでも捉えられないほどの高速移動。水上を走り抜けることさえできる。

4. 家族のアイドル(ジャック・ジャック)

家族みんなに愛され守られている末っ子。無邪気な笑顔がキュートな一家のアイドル的存在。家族全員がパワーを持たない普通の赤ちゃんなのだと信じていたが……!?

SUPER POWER
目からビームを出したり、全身を炎で包んだり、分身の術も駆使。じつは家族最強!?

5. 鉄壁バリアガール(ヴァイオレット)

一家の長女。自分の周囲に強力なバリアを張って身を守れる。ちょっぴりシャイだが意志の強い女の子。恋に悩んでいて、鈍感なパパに思わず怒りをぶつけてしまうことも。

SUPER POWER
バリアを張って身を守ったり、攻撃をはね返したりできる。自分の身体を透明にすることも。

ここに注目!

末っ子 ジャック・ジャックの秘めたパワーとは?

画像: 末っ子 ジャック・ジャックの秘めたパワーとは?

家族のアイドル、末っ子のジャック・ジャックは笑顔がカワイイ普通の赤ちゃん……と思いきや、じつは凄いパワーの持ち主だった!最強赤ちゃんの大暴れに興奮&爆笑必至。

今度の主役は“ママ”!?

画像: 今度の主役は“ママ”!?

ヒーロー復活のカギを握る任務を託されるのはママのヘレン。暴走する列車と対峙するシーンでは、ゴムのように伸縮自在になれる能力で大活躍。バイクの腕も実はピカイチ!

新たなヒーローも登場!

画像: 新たなヒーローも登場!

今回はインクレディブル・ファミリー以外にもヒーロー軍団が登場。物体を瞬間移動させる能力者や、電気を発生させるパワーの持ち主も。彼らがどんな活躍をするかも注目。

パパは育児に家事に悪戦苦闘

画像: パパは育児に家事に悪戦苦闘

ボブはママに代わってイクメンとして奮闘。でも息子の勉強や娘の恋、そしてジャック・ジャックの怪物的な能力に振り回されっぱなし。育児はヒーロー業よりはるかに大変!?

まだまだあります!「インクレディブル・ファミリー」情報はこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.