フランスの名匠フィリップ・ド・ブロカ監督が、卓越したユーモアたっぷりに戦争の狂気を活写したカルト映画『まぼろしの市街戦』が、製作より半世紀超の時を経て、東京 K’s cinema他にて、4Kデジタル修復版で正式にリバイバル公開されることが決定した。

4Kにてデジタル修復が施された最新のデジタルマスター版での公開

画像: 4Kにてデジタル修復が施された最新のデジタルマスター版での公開

『まぼろしの市街戦』の舞台は第一次大戦末期。敗走中のドイツ軍は占拠したフランスの小さな街に大型時限爆弾を仕掛けて撤退。イギリス軍の通信兵は爆弾解除を命じられ街に潜入するも、住民が逃げ去った跡の街では精神科病院から解放された患者とサーカスの動物たちが解放の喜びに浸り、ユートピアが繰り広げられていた。通信兵は爆弾発見を諦め、最後の数時間を彼らと共に過ごそうと死を決意するが…。

巧みなストーリー展開に反戦のメッセージを込めた、『カトマンズの男』『リオの男』等で知られる名匠フィリップ・ド・ブロカの代表作で、世界中の映画ファンに愛され続ける唯一無二の一作。

『恋する女たち』のアラン・ベイツ、『1000日のアン』『愛のメモリー』のジュヌヴィエーヴ・ビジョルドが主役を務め、ジャン=クロード・ブリアリ、ピエール・ブラッスールらフランスの名優が脇を固める。音楽は、トリュフォーとのコンビで知られるジョルジュ・ドルリュー。常識が常識でなくなる不安を抱える現代(いま)こそ必見の作品だ。

上映される本編は海外で一コマづつ 4K にてデジタル修復が施された最新のデジタルマスター。若干エンディングが異なった日本公開版ではなく、オリジナル版での DCP 上映となる。

また本作が生涯のベストという、来年に最新作『楽園』の公開が発表されたばかりの瀬々敬久監督からもコメントが到着した。

瀬々敬久(映画監督)コメント

中学生の頃、テレビの洋画劇場で見て大衝撃を受けて以来、生涯ベスト。
あの淀川長治さんも、その日は本気で大興奮していた。

まぼろしの市街戦 4K デジタル修復版
10 月 27 日(土)より新宿 k’ s cinema ほか全国ロードショー
配給:パンドラ
© 1966 – Indivision Philippe de Broca

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.