異例のサプライズヒットとなったインド映画「バーフバリ」の原点として日本公開が待望されていた壮大なアドベンチャーがついに公開! 「バーフバリ」のS・S・ラージャマウリ監督が、南インド映画界の星ラーム・チャランを主演に迎えた伝説的大作。
画像: 「バーフバリ」の原点! 400年の時を越え甦る運命の愛を描く
「マガディーラ 勇者転生」が8月31日に公開!

「バーフバリ」の監督による伝説的大作が待望の日本初公開!

日本でも異例のサプライズヒットとなり“バーフバリ旋風”を巻き起こしたインド映画「バーフバリ 伝説誕生」「バーフバリ 王の凱旋」。この2部作の監督S・S・ラージャマウリの伝説的大作で「バーフバリ」の原点として日本公開が待望されていた壮大なアドベンチャー。裏切り者の陰謀により引き裂かれた戦士と王女の愛。400年の時を経て甦った彼らの前に、再びあの裏切り者が現われる。
出演は、南インド映画界で“メガパワー・スター”と呼ばれるラーム・チャランのほか、カージャル・アグルワール、デヴ・ギル、スリハリ、スニールら。

画像: 「バーフバリ」の監督による伝説的大作が待望の日本初公開!

400年の時を経て、再び出会う因縁の3人

1609年、繁栄を誇るウダイカル王国に強大な征服者シェール・カーンの軍勢が迫る。近衛軍の戦士バイラヴァは国王の娘ミトラ姫と愛し合っていたが、裏切り者の司令官ラナデーヴによりミトラ姫は殺され、バイラヴァも断崖絶壁から身を投げた。
400年後。バイラヴァはバイクレーサーのハルシャ(チャラン)という若者に生まれ変わっていた。ある日、町で偶然に女性の指に触れた瞬間、彼の脳裏に前世の記憶が甦る。その女性インドゥ(カージャル)はミトラ姫の生まれ変わりだった。そんな彼女をモノにしようと企む邪悪な従兄ラグヴィール(ギル)もまた、裏切り者ラナデーヴの生まれ変わり。400年前の宿命を背負い、いま再び邂逅した3人。ハルシャはインドゥの愛を取り戻すべく立ち上がる。

画像: 「マガディーラ 勇者転生」本予告映像 www.youtube.com

「マガディーラ 勇者転生」本予告映像

www.youtube.com

「マガディーラ 勇者転生」
監督/S・S・ラージャマウリ
出演/ラーム・チャラン、カージャル・アグルワール、デヴ・ギル、スリハリ、スニール
8月31日公開/ツイン配給
© GEETHA ARTS, ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.