ハリウッド×ヨーロッパの個性派俳優が豪華共演、パリを舞台に繰り広げられる大人のロマンチック・コメディー『マダムのおかしな晩餐会』(キノフィルムズ配給)として、2018年11月30日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開となることが決定。

ハーヴィー・カイテル & ロッシ・デパルマ & トニ・コレットの豪華競演!

画像: 日本版ポスター

日本版ポスター

裕福なアメリカ人夫婦に、知的演技派のオスカーノミネート女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持つハーヴィー・カイテル。晩餐会をハチャメチャにしてしまうメイドに、ペドロ・アルモドバル監督のミューズで、世界一美しい鷲鼻を持つ超個性派ロッシ・デパルマ。3人はオファーを受けた理由を揃って「脚本がすばらしかったから」とコメント。

画像: ハーヴィー・カイテルとト二・コレット

ハーヴィー・カイテルとト二・コレット

脚本も務めたアマンダ・ステール監督は「人生は白黒つけられることばかりではありません。笑っている最中に涙が溢れたり、泣いている時に笑いがこみ上げたり。この映画もコメディーにもドラマにもなるでしょう」と語っている。ハイブランドのドレスやジュエリーに絵画、ビュランの円柱をはじめ通好みのパリの名所の数々が目にも美味しい、人生を楽しみたいすべての人に贈る、最高のごちそう映画だ。

画像: ロッシ・デパルマとトニ・コレット

ロッシ・デパルマとトニ・コレット

【STORY】
エレガントなパリの都に越してきた、裕福なアメリカ人夫婦のアンとボブ。セレブな友人たちを招いてとびきり豪華なディナーを開こうとするが、手違いで出席者が不吉な13人に!
大慌てでスペイン人メイドのマリアを“ミステリアスなレディ”に仕立て上げ、晩餐会の席に座らせる。ところが、緊張のあまりワインを飲みすぎたマリアはお下品な“ジョーク”を連発、逆にこれが大ウケしてダンディーな英国紳士から求愛されてしまう。今更正体を明かせないアンとマリアたちのから騒ぎの行方は?

© 2016 / LGM CINEMA – STUDIOCANAL – PM - Tous Droits Réservés

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.