アポなし突撃取材を敢行し病んだアメリカ社会に一石を投じ、議論と波紋を呼び続ける世界で最も有名なドキュメンタリー作家マイケル・ムーア監督の最新作『Fahrenheit11/9(原題)』が邦題『華氏119』として11月2日(金)TOHOシネマズシャンテ他にて全国緊急公開が決定した。

「トランプは‘悪の天才’。私たちでさえ彼の術中にはめられている」

ブッシュ政権を猛烈に批判し、全世界2億ドル、日本でも興行収入17億円の問題作にして大ヒット作『華氏911』をはじめ、米国の銃社会に風穴を開けた『ボウリング・フォー・コロンバイン』(02)、医療問題に鋭いメスを入れた『シッコ』(07)と、巨大な権力に対抗し続ける世界で最も有名なドキュメンタリー作家マイケル・ムーア。

そんなムーアが挑む今度の相手はなんと、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプ。タイトルの“119“とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした[2016年11月9日]を意味し、過去作『華氏911』に呼応したタイトルになっている。

2016年7月、大統領選のさなか「大統領選でトランプが勝利する5つの理由」というエッセイを書き変人扱いを受けながらもその予測を見事に的中させたムーア。彼がトランプ大統領を取材するうちに分かってきたのは、「トランプは‘悪の天才’。感心するほどの狡猾さでトランプを笑っている私たちでさえ彼の術中にはめられている」という驚愕の事実。アメリカの国民はもちろんジャーナリストやメディア、憲法や司法システム、更には他国の政治や国民すら利用し、どんなにスキャンダルが起こっても大統領の座からおりなくてもすむように仕組んでいるというのだ!

しかし、ムーアが全てに歯止めをかけようと新作を完成! 本作ではトランプ・ファミリーが必ず崩壊する<ネタ>を大暴露、トランプを当選させたアメリカ社会に鋭く切り込みを入れこの‘暗黒時代’をどう抜け出すかを披露する。

果たして、2年前の11/9にスタートしたアメリカの、世界のファイナルカウントダウンは止める事はできるのか? 11月の中間選挙に打撃を与える事はできるのか? ムーアVSトランプの宿命のリアルエンターテイメントが日本上陸する!

本作は、第43回トロント国際映画祭ドキュメンタリー部門オープニング作品として現地時間9/6夜に全世界に先駆けて上映され、更に第31回東京国際映画祭(10/25-11/3)への出品も決定している。

華氏119
11月2日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー
配給:ギャガ
©2018Midwestern Films LLC 2018

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.