「スター・ウォーズ」の実写版TVシリーズ「ザ・マンダロリアン」The Mandalorianの監督が続々決定している。

シリーズのクリエイターは「アイアンマン」のジョン・ファヴローだが、エピソードごとに監督が異なるようだ。
監督に決定したのは、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティー、一時はDCヒーロー、フラッシュを描く映画の監督候補だった「DOPE/ドープ!!」のリック・ファムイーワ、TV「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」のデボラ・チョー、TVアニメ「スター・ウォーズ 反乱者たち」のデーヴ・フィローニ、「ジュラシック・ワールド」の女優ブライス・ダラス・ハワード。ブライスは、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のロン・ハワード監督の娘で、これまで短編やTVドキュメンタリーの監督経験がある。
また「スター・ウォーズ」の公式ツイッターが10月5日、この作品の撮影がスタートしたことを告知、マンダロリアン戦士が歩いている画像をアップした。
https://twitter.com/starwars/status/1047993526821289984

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.