全米歴代3位の大ヒットを記録した話題作の続編「ブラック・パンサー2」の監督・脚本を、前作のライアン・クーグラー監督が続投することが正式決定。

全米公開日は未発表だが、19年末から20年初頭の公開を目指すとみられている。製作はマーベル・スタジオ、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ他。
ちなみにクーグラー監督は「クリード」「ブラック・パンサー」で組んだマイケル・B・ジョーダン主演の実話ドラマ「間違った答」Wrong Answer の監督も決定しており、こちらも企画進行中。
またクーグラーが製作総指揮を務め、ジョーダンが主演する「クリード」の続編「クリードⅡ」は全米11月21日公開、日本では19年1月11日公開が決まっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.