ジョシュ・ホワイトハウスの他にも、いま注目の英国新星はたくさん!その中でも近作で活躍する、映画ファンなら覚えておきたい6人をピックアップ。次回の英国男優総選挙には、彼らの躍進が期待されます。

01: カラム・ターナー

1990年2月15日ロンドン生まれ

今年公開された「さよなら、僕のマンハッタン」で父の愛人に恋してしまう青年を繊細に演じたカラム。そしていよいよ11月公開の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、ニュートの兄テセウス役に抜擢され、ブレーク必至。8歳年上のエディ・レッドメインの兄をどう演じる?

02: ジェレミー・アーヴァイン

1990 年6月18日ケンブリッジシャー生まれ

「戦火の馬」で注目されてから地道に成長を見せているジェレミー。そろそろ本格的にブレークしてもよさそう。「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」ではピアース・ブロスナンの若き日を演じたのに続き、11月公開の「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」では、イケメン集団のお坊ちゃまを熱演している。

03: ベン・ハーディ

1991年1月2日ドーセット生まれ

「X-MEN」シリーズのエンジェル役で知られるベンは、この秋日本公開の『ボヘミアン・ラプソディ』で“クイーン”のドラマー、ロジャー・テイラーを演じている。さらにお正月公開の『メアリーの総て』では、バイロン卿の主治医にして小説『吸血鬼』の作者ポリドリを演じるなど、話題作が集中公開!

04: ジョー・アルウィン

1991年2月21日ロンドン生まれ

アン・リー監督の『ビリー・リンの永遠の1日』で主演を張った若手だけど、もしかして今はあのテイラー・スウィフトの現恋人といった方がわかりやすいかも?もちろん俳優としても活躍中で、新春公開の『女王陛下のお気に入り』でエマ・ストーンと共演など、若きイケメン男優として売れっ子状態に。

05: ダグラス・ブース

1992年7月9日ロンドン生まれ

「ノア約束の舟」や「高慢と偏見とゾンビ」などでイケメンぶりが評判だったダグラス。数々のセレブと浮名を流したことも有名な彼が、お正月映画『メアリーの総て』でエル・ファニング演じるメアリー・シェリーの夫で詩人のパーシーを演じることに。注目の若手俳優総出演で、どんな映画か気になる!

番外!2000年代生まれにも注目!
ノア・ジュープ

2005年2月25日ロンドン生まれ

今年いきなり「サバービコン仮面を被った街」「ワンダー君は太陽」「クワイエット・プレイス」の3作が公開され、映画ファンのハートをつかんだキュートな天才少年ノア。新たな英国の才能として彼も今後が気になる存在。来年も『フォードVSフェラーリ』など話題作への出演が続いていて頼もしい!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.