「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミルがシリーズ最新作「エピソード9」について、10月18日にツイッターで重大発言。

彼が「エピソード9」に出演することを認めた。ただし、それ以外については「EPISODE NEIN COMMENT エピソード・ナイン・コメント」と、ドイツ語のNOであるNEINと、エピソード番号の9=NINEを引っ掛けたダジャレでコメントしている。
フォースの霊体なのか、過去のシーンなのか、とにかくルーク・スカイウォーカーは新作でも何らかの形で登場することになった。「エピソード9」は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のJ・J・エーブラムズが監督、デージー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライヴァーらの出演で19年12月20日全米公開。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.