伝説のスター、故スティーブ・マックイーンと名優ダスティン・ホフマンの2大スターが共演した脱獄映画の金字塔『パピヨン』が、新たなるスタッフ・キャストで完全リメイクされ、1974年の日本公開から記念すべき45周年となる、2019年6月にTOHOシネマズシャンテ他にて全国公開されることが決定した。

終身刑囚パピヨンの命をかけた脱獄を壮大なスケールで描く

画像: 終身刑囚パピヨンの命をかけた脱獄を壮大なスケールで描く

本作は、無実の罪を着せられ、周囲を海に囲まれたフランス領ギアナの刑務所に移送された終身刑囚パピヨンの命をかけた脱獄劇。作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験が基になっており、『猿の惑星』などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督と、ハリウッドの異端児と呼ばれた脚本家ダルトン・トランボのタッグにより映画化、1973年に全米公開された(日本公開は1974年3月16日)。

絶望の淵に追いやられても自由を求めることを諦めない“パピヨン”スティーブ・マックイーンの鬼気迫る熱演と、ダスティン・ホフマン演じる偽札作りの天才・ドガと深く結ばれる熱い友情は、多くの人々の共感と感動を呼び大ヒットを記録。ジェリー・ゴールドスミスのテーマ曲「パピヨンのテーマ」は、アカデミー作曲賞にもノミネートされた。

今回のリメイクでマックイーンのあとを継ぎ、主人公パピヨンを演じるのは『パシフィック・リム』で主演を務め、『キングアーサー』でも肉体アクションを披露した人気スター、チャーリー・ハナム。ホフマンが演じたドガ役には人気ドラマシリーズ「ミスター・ロボット」でエミー賞を受賞し、伝説のバンド“クイーン”を描いた話題作『ボヘミアン・ラプソディ』で主役のフレディ・マーキュリーを演じ、その激似ぶりと演技力が評判になり、今後ブレイク必至のラミ・マレック。

スタッフもドゥニ・ヴィルヌーブの傑作『プリズナーズ』の脚本家、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』や『スター・ウォーズ』シリーズといったエンターテイメント作を生み出したプロデューサー陣など超一流どころが集結。メガホンを取るのは『ある戦争』でオスカーノミネートされたトビアス・リンホルムと共同監督した『R(原題)』で世界の注目集め、今年の東京国際映画祭のコンペティション部門に出品された『氷の季節』が審査委員特別賞/最優秀男優賞をW受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。

本作では、ハリウッドの赤狩りに反対した脚本家トランボにリスペクトが捧げられ、1973年版の『パピヨン』に寄り添いつつ、独自のエピソードも追加されている。ハリウッドが切望した才能が、伝説的傑作に正面から挑み、プレミア上映されたトロント映画祭では主演2人の熱演とともに大喝采を浴びた。

パピヨン
2019年6月、TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
配給:トランスフォーマー
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.