「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクスが、ディズニーが名作アニメを実写化する「ピノキオ」Pinocchioの、ピノキオを作ったゼペット爺さん役をオファーされている。

ゼペットが作った操り人形ピノキオが、妖精に命を授けられ、人間のように動いて話せるようになって冒険を繰り広げるというストーリー。監督は「パディントン」シリーズのポール・キング。脚本は、監督と「シンデレラ」の脚本を手がけたポール・ワイツらが執筆、ワイツは製作にも参加する。製作はウォルト・ディズニー・ピクチャーズ他。撮影は来年夏にスタートする。
ちなみにマッテオ・ガローネ監督が企画中のイタリア映画版「ピノキオ」ではロベルト・ベニーニがゼペットを演じると言われており、ギレルモ・デル・トロ監督のダークバージョン「ピノキオ」も企画中だが、こちらのキャスティングは未定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.